欅の茶筒
c0065363_23145226.jpg先日茶筒用に荒削りした3組のうち、欅のものを仕上げました。実に数ヶ月ぶりのボックス作品作りということもあって、頼りない刃物運びの連続でした。一番のミスは、中ぐりの終盤に刃物を抜くときに立ち上がりを10mmくらい飛ばしてしまったこと。終盤の出来事だったので非常にがっかりしたのですが、そこは凹まずリペアを敢行しました。おかげで、いつもなら外蓋の高さに立ち上がりの高さを揃えるのですが、今回は中蓋の取っ手の高さを外蓋の高さに揃えることになってしまいました。そうしないと内蓋が踊ってしまいますので。出来上がってみると、窮屈そうに内蓋を作るよりもスマートに感じますね。大きな写真はいつも通り「最近の作品集」に掲載しました。
[PR]
by turning_wood | 2008-11-14 23:45 | ボックス | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 新着ツール 屋久杉で作った銘々皿が出来上が... >>