ウェットグラインダー
先週購入したGryzzlyのウェットグラインダーが使えるようになりました。
グラインダーの台は、バンドソー用の使っていないスタンドを流用し、また、Vari-Grind jigが使えるようにとスライドベースの製作、設置も行いました。試しに3,4本のガウジを砥いでみましたが、乾式グラインダーで設定したのと同じ条件、使い勝手で問題なく砥げました。乾式と湿式で同じ治具が共用できるのは便利です。
スクレーパーなどその他の刃物は写真上部のアームに付いているツールレストを使うことになります。
ウッドターニングで使う限り他の砥ぎ治具の必要性は感じませんが、トルメックのDiamond Truing/Dressing Toolsくらいは入手していたほうが良さそうです。とりあえず手持ちのドレッサーと簡易治具をこしらえて修正しましたが結構大変でしたから。
c0065363_22412794.jpg

[PR]
by turning_wood | 2009-03-08 23:31 | ツール | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 木製ボールペン 新着電動工具 >>