汁椀の修理
c0065363_2338359.jpg

写真左:2007年5月製作の汁椀(欅、ガラス塗料を塗布)
    ほぼ毎日朝晩欠かさず使った状態です。
    塗料が随分剥がれ醜い状態です。
    (日々、結構手荒に扱われています)
写真右:見るに見かねて本日ペーパーで磨きなおしました。
    多少欅自体の色が古ぼけた感じになってますが、
    まだまだ綺麗な状態です。
    これから再度ガラス質塗料を塗布します。

この汁椀の内側は摺り漆を施した上でガラス質塗料を塗りましたが、多少艶が落ちた程度で外側ほどの痛みは見られません。

幾度となく洗浄を繰り返してきた器なので、出来上がり直後に比べ木地表面の樹脂がなくなっています。従って初回の塗装に比べ、再塗装はかなり木地との密着性がよくなると考えられます。
この汁椀、まだまだ当分は使えそうです。
[PR]
by turning_wood | 2009-03-31 11:42 | 木の器 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< HP更新 木製ボールペン3 >>