ボウルスキュー
ボウルスキューという名前のツール、今は無きグレーザーツールのラインナップにあった刃物で、フェイスワークの外側仕上げを目的としたものでした。ウッドターニングを始めた頃に実物を1、2度見たことありましたが、どうやって使うのかよく解らない刃物でした(今はクラウンツールに同名の刃物がありますが、形は全然違います)。

興味があって、手元の資料と当時の記憶を辿りながら、オフから仕入れたHSS丸棒をグラインダーで加工して作ってみました。オリジナルは直径5/8インチですが、鋼材の関係上1/2インチで作りました。オリジナルに比べて平面が少ないですが、加工が大変なので必要最小限にしました。上から見ると先端を少し丸めた二等辺三角形、両サイドはほぼストレートの切れ刃を有しているのが特徴で、両サイドの刃はいずれも30度の刃角になるよう成形します。
成形が済んだら上面のフラットな面をダイヤモンド平砥石でよく砥ぎ、両サイドの刃をピンピンにして出来上がりです。再研磨の際も上面を同様に砥ぐだけで、鋭利な刃先を簡単に作ることができるのがこの刃物の特徴です。
c0065363_2256245.jpg

使い方はいたって簡単でした。
ハンドルを縦に持ち、刃物進行方向のベベル面を木地に密着させます。小径⇒大径方向にそのまま平行に動かせば、非常に綺麗な切削面が得られました。木口も問題なし。見た目以上に簡単に使えました。シアーカット、シアースクレイピングでも綺麗に仕上げることが出来なかった時の最終手段として使えそうです。
[PR]
by turning_wood | 2009-10-13 23:22 | ツール | Comments(2)
Commented by deko at 2009-10-14 18:22 x
こんにちは。
講習会からのご無沙汰で御座います。
懐かしい話題なので思わず書き込みます(笑)
今、写真とオリジナル比べながら書いています。
しかし、良く出来ていますね。ハハハッ最高です。
これを読んだら自分でも作ってみたくなりました。

「フェイスワークの外側の仕上げを目的としたもの」
文中のココ!大切ですよね!Good Job!
Commented by take@mie at 2009-10-14 23:15 x
オリジナル所有者のdekoさん、反応して頂きありがとうございます。
昔BBSでこの刃物について談義したことがありましたね。
何を書いたか覚えてませんが、頓珍漢な話をしてたのかもしれません(笑)。
最近はヘビーな話ができるBBSがないので寂しいです。

こういうマニアックな刃物大好きです(笑)。
いつかオリジナルを使ってみたいです。
またそちらに行くことがあると思うので、是非見せてください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 独楽&チャタリング M2丸棒 >>