キャップ式ペン
キャップ式のボールペンを作っています。
頼まれた2本でよかったのに、ついでと思い5本同時進行で行いましたが、ペン本体を仕上げたところで時間切れ。思った以上に各部調整に時間がかかり、塗装、クリップ製作、装着までは行えませんでした。ツイストメカを使うタイプとは違った苦労があります。続きは次の休日かな。

写真は試しに組み立ててみたところですが、ばらして塗装を行います。
前回のキャップ式ペンはパーカータイプの替え芯を使いましたが、今回のペンはホームセンター等で手軽に入手できるゼブラの替え芯が使えるようにしてみました。
日本語を書くには日本製のペン先が良いです。
c0065363_22475695.jpg

[PR]
by turning_wood | 2010-01-31 23:16 | 木製ボールペン | Comments(2)
Commented by エンタ at 2010-02-01 09:04 x
銘木ボールペン、突き詰めて考えるとあまり販売されてないキャップ式に到達しました。木の良さを表現するには出来るだけ金物を使わず、クリップも取ってしまう。そして木そのものをアピールする。これが一番と最近わかってきました。これが銘木を謳うペンです。筆記具メーカーにない木工房の良さ、ウッドターニングの良さを皆さん勘違いされているようです。ぜひこのペンが銘木ペンの主流になって欲しいと思うばかりです。出来たら販売もして欲しい。よろしくお願いします
Commented by take@mie at 2010-02-02 23:51 x
コメント有難うございます。
金具を使ったペン作りに比べて色々苦労はありますが、作る楽しさは何倍もあります。金具を使わないと形が自由になる分、センスが問われるように思います。そのせいか、私の周りでは金具を使ったほうが好まれる傾向です(苦笑)。まだまだですね。
いつか販売してみたいと思ってますが、本当に木が好きな方じゃないと買って頂けないでしょうね。ご希望の方には喜んでお譲りしておりますので、宜しければ別途お問い合わせください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< キャップ式ボールペン完成 2002年秋頃から始めたウッド... >>