汗をかきながらのボウルターング
先月拭き漆で仕上げた器を見本に同じものを複数個作りました。
同じものを作るときはいつも外径、高さ、中ぐりの深さだけ寸法を合わせておき、後は適当な形に成形しています。そうすれば大体同じようなものが出来上がってきます。

拭き漆した器は1ヶ月くらい乾燥の後、匂いが完全に消失してたので使ってみました。大きさは想定より少し大きめで、ラーメンで言えば大盛りサイズでした。
必要数は出来上がったので、近々真黒に仕上げます。
c0065363_2382895.jpg

[PR]
by turning_wood | 2010-07-18 23:57 | 日々の木工 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 茶筒作り・・・その1 久々の晴天 >>