エアタービンで追加工
先週作ったボックス作品の側面にエアータービンで加工を施しました。ちなみに、前回の写真と独楽の色合いが違うのは、汗が落ちて色が滲んでしまい作り直したためです。暑いと思わぬことが起きます。作り直したらすぐに防水処理したのは言うまでもありません。

エアタービンを使うのは1年ぶり。安くないツールなのでもう少し使わないと勿体無いですね。穴あけするには壁厚は約2mm程度に揃えておくのが丁度いいです。
c0065363_12334166.jpg

[PR]
by turning_wood | 2011-07-11 06:32 | ボックス | Comments(2)
Commented by Hideyo Aoi at 2011-07-13 23:06 x
側面の模様は透かし彫りですか?
細かい細工は難しそうですね。
独楽も独楽ボックスも小さくてかわいいですね。
Commented by take@mie at 2011-07-14 09:52 x
入れ物に穴を開けてどうするのと言われそうですが・・・
細かい作業ですが、ペンで模様を書いていく感覚でとても簡単にくり貫けます。どちらかというと均一に薄く木地を仕上げるほうが難しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 木地作り ウッドターニング受難の季節到来 >>