レギュラーサイズのコーヒーカップ2
レギュラーサイズのコーヒーカップが一組出来上がりました。黒い液体を入れるのでカップは明るいほうが良いと思い、ガラス塗料との相性が比較的良くて手頃なブロック材が多くあったタモを使いました。
ご存知の通りタモは導管が粗いので、何度もガラス塗料を塗っては拭き取りを繰り返してほぼ完全に埋めてやりました。タモは独特の匂いがあるので、「匂いは1ヶ月くらい我慢して使えば取れてきますよ(経験談)」と言って差し上げてもいいのですが、最初から気持ちよく使ってもらいたいのと急ぎではないので、ある程度匂いを軽減してからお渡します。
ということで、現在、熱湯を入れては捨ててを繰り返して匂い取りを行ってます。
c0065363_2233334.jpg

容量 200mL@すりきり一杯
[PR]
by turning_wood | 2011-12-13 22:50 | 木の器 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 新着ツール 栃のボウル2 >>