木製ボールペンの改良
ここ数ヶ月、木製ボールペンでノック式、あるいはノック式みたいなものができないか考えてきました。もちろん、見える部分に金具は使わないこと、インク交換できることを前提としてです。

やっと考えが煮詰まり、使えそうな部品も集まってきたので、先週幾つか試作してみました。なんとか形にはなったものの結果としては失敗でした(ということで写真はありません)。動作はスムーズさに欠けるし、ペン自体が強度不足。詳しいことは省略しますが、色々問題が多くて諦め気味になってます。

さて、話は変わりまして、
自分用のツイスト式ペンには最近入手した三菱SK-8を使ってますが、海外物とは違って軽い書き味で満足しております。さらに軽い書き味といえば同じ三菱のJETSTREAMがありますが、ツイスト式でこれが使えるようにとアダプターを作ってみました。
c0065363_17544910.jpg

下が標準の替え芯、中央がJETSTREAMの替え芯です。
アダプターは真ん中の白い部品のことで、樹脂を削って作りました。この先にJETSTREAMの替え芯を差し込んで使います。
JETSTREAMの替え芯は、3色ボールペン用の短いタイプSXR-80シリーズを使います。色、太さの選択肢が広がります。

先端が少し太めだったのでペン先の穴を0.4mm広げる必要がありましたが、これだけ広がってしまうと標準の替え芯を使った時の遊びが大きくなるので、SK-8用とJETSTREAM用で作り分けが必要です。
[PR]
by turning_wood | 2013-06-20 18:19 | 木製ボールペン | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< カップのリニューアル 穴あけポンチ >>