光害地の中での撮影場所選び
このところ透明度が低い夜空が続いてましたが、土曜日は久々にそこそこ見通しの良い夜空だったので星撮りに出かけてきました。

今回はいつもと違う場所でと思い、車で10分ほどのところにある展望台に出向きました。
そこは昼間近くを通るたびに良さそうだなと思っていた場所で、実際に夜訪れてみると期待通り周囲は真っ暗で夜空を見上げると比較的星が良く見えるところだったですが、残念ながら東南~南方向の夜空が四日市方面の街明かりで予想以上に強く照らされていて、天の川目当ての撮影には向かない場所でした。一方、西~北、天頂は星がよく見えていたので、そちら方向の撮影目的なら良い場所かもしれません。

試しに東南方面に向けて一枚撮影してみたところ、街明かりの中に天の川が薄っすら確認できる程度でした。ちなみに肉眼ではまったく見えませんでした。
c0065363_22521676.jpg


私よりも先に撮影されている方が居られて、お話してみるとその方もこちらに初めて訪れたとのことでしたが、このような状況で残念がられておりました。そこで、私がいつも行く場所なら今日のコンディションであれば天の川が見れるかもしれないとお話したところ、それならということで一緒に移動することにしました。お誘いした手前、天の川が見れるかどうか不安でしたが、なんとか肉眼で見える状況で一安心。2時半頃までご一緒させて頂きました。
c0065363_22251817.jpg

こちらは天頂付近のはくちょう座。右上の明るいのがたぶん織姫星。
c0065363_22253597.jpg

撮影対象の方角に応じて撮影場所を選ぶと、光害を多少なりとも緩和することができそうです。近場でもっと良い場所を探してみよう。
[PR]
by turning_wood | 2014-06-02 22:37 | 星空写真 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 一輪挿し 天の川 >>