修理
2013年9月に作った家族4人分のご飯茶椀の修理を行いました。使い始めておよそ1年経過してますが、毎日使っているとガラスコーティングが剥がれて小汚くなります。

修理といってもパワーサンディングで一皮剥いて再塗装するだけですが、これだけでほぼ新品同様に蘇ります。
c0065363_22412431.jpg


修理前後の比較です。
c0065363_224201.jpg

一皮剥けば元通りになるし、染み付いた嫌な雑臭も消えてます。もう2,3回は修理して使えそうです。

木の器は使っていると必ず汚くなります。仕上げ方法、使い方にもよりますが、最悪数回で汚くなることもあるのではないでしょうか。汚れも味のひとつという考えもありますが、臭い移りしたり不衛生だったりするので、汚れることはあまり好ましいことではありません。
木の器って結構高い値段で売ってますが、修理のことまでアナウンスして売っている方は見たことありません。汚くなったら皆さんどうしてるんだろうと常々考えます。
[PR]
by turning_wood | 2014-11-24 22:57 | 木の器 | Comments(2)
Commented by kajitani at 2014-11-29 17:02 x
こんにちは お久し振りです
時々覗かせて頂いています

お椀の修復を見て、最近似た様な事をしましたので懐かしくてコメントしました

使い込んだ漆器(お椀2個)を知人を通じて化粧直しを頼まれたのですが漆は手に負えないので磨いた後、ご存知だと思いますが木固めエースを数回塗布して元に近く復元しました
比べないと漆と見まがうくらいに仕上がりました
以前にククサ(北欧の木製カップ)を作って実証済みですが塗膜の耐久性は抜群です
Commented by take@mie at 2014-12-14 23:11 x
随分とご返事が遅くなってしまいました。
木固めエースは一度使ってみようと思って数年前に買ってあるのですが、いまだ未開封のままです。
そろそろ食器類のリニューアルをしなければならない頃なので、そのとき一部に使ってみようと思ってます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< グラインダーの処分 冬の星空 >>