改造カメラ⑤
今回改造したカメラで今度はLPR-Nフィルターを装着して天体撮影してみました。
c0065363_2251580.jpg
沈みかけているオリオン座ですが、M42の赤色がしっかり出てます。
これまでライブビューがないDigital Xは天体撮影で使ったことがありませんでしたが、他機のライブビューに慣れてしまっていると使い勝手が悪かったです。

天体用として改造を始めましたがあまり出番がなさそうなので、本機は赤外線写真専用にすることにしました。AFは効くしそこそこ解像度高く撮影できていたので性能的には十分です。

そうなれば使ってないキットレンズを赤外専用にしたいところですが、フランジ内にフィルターを装着するとEF-Sレンズ特有の出っ張りが邪魔してカメラに装着できません。
c0065363_20235524.jpg

そこで木工旋盤の出番です(^^。久々~。
レンズからマウント部を取り外し、旋盤で邪魔な部分を削り取ります。
c0065363_2024877.jpg

再度レンズに取り付けたらこんな感じ。中の基盤が丸見えですね。
c0065363_20242670.jpg
旋盤できちんと加工すると仕上がりが綺麗です。もちろん問題なくカメラに装着できました。
ワイド側では後玉が後退してくるのでフィルムに接触している可能性がありますが実用上の問題はなさそうです。

以上で改造カメラの話題はこれで一区切りですが、改めてライブビュー付きの改造機が欲しくなったので、ヤフオクで1万ちょっとでEOS kiss X3を入手しました。マジックランタンをインストールして撮影枚数を調べたら2000枚。あまり使われていなかった機体のようで勿体無い気がしますが、今度はこれを天体用に改造していきます。
c0065363_2025663.jpg

[PR]
by turning_wood | 2015-04-02 22:41 | カメラ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 伐採木の中から カメラの改造④ >>