子供はレンゲと言ったが・・・
c0065363_22561652.jpg昨日は3ヶ月ぶりに月例会に参加してきました。皆さん思い思いにウッドターニングを楽しまれており、いつもながら楽しい一日でした。
 私は自分の旋盤では挽けない直径36cmくらいのお盆を作りました。定番の形に仕上げました。2年位前に頂いた荒削り状態の木地で、自分の旋盤では挽けないサイズだったのでずっと放置していたものでしたが、このたび作品として完成させることが出来良かったです。
 一番の収穫は、長野県のTさんにEscoulen chuck を使ったスプーンのようにも見え、取って付きボウルのようにも見える偏芯作品の作り方を教えていただいたこと。12月にチャックを購入してから幾つか作品は作ってみましたが、いまいち使いあぐねてたところで良い情報を教えていただきました。
 早速本日、その教えを忘れないうちに作ってみました。取っ手のような出っ張りがブンブン廻っているその狭い中をくりぬくのはスリルがありました。最後は昨日見せていただいた実物とは違って、底面に小さな高台を残してみました。それにしても、4寸角の角材からロスなく作ったのに出来上がりはすごく小さい。随分と木を無駄に使う作品です(苦笑)。
今回はお試しということでベイヒバを使いましたが、今度は良い木で作ってみましょう。
[PR]
by turning_wood | 2006-05-14 23:06 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 新しい漆 更新情報の案内 >>