薄板の鋼材のつづき
先日の薄板の鋼材は熱処理してないものだと伺いました。グラインダーで成形しても火花の感じが違うし、柔らかいし何か変だなと思ってましたが納得です。
それにしても、この中途半端な状態の刃物で今までより良い仕上がり具合が得られてるのも不思議なものです。
そういえば以前、ある工程の削りでわざと熱処理しない鋼材で作った刃物を使っている、という話を聞いたのような見たような、そんなことを思い出しました。どこで聞いたかどこかで見たのかまったくのうろ覚えですが・・・

熱処理するなら返却してくれとのことでしたが、意外と良いのでそのまま使ってみることにしました。また、熱処理の有無で比べたいので熱処理したものを追加注文したのは言うまでもありません(^^)。
[PR]
by turning_wood | 2006-08-11 20:39 | Comments(5)
Commented by みぞふち at 2006-08-13 21:45 x
こんばんは。

ご無沙汰しています。
何やらいろいろ模索されているよう。楽しい実験ですね。

takeさんの器はとても綺麗。
ひとつひとつのフォルムが素敵です。
黒い縁とりは私もやってます。同じ手法かな!?(笑)
センは私も大好きな樹種です。ニセケヤキって名前は可哀想ですね。
何だか読む所がたくさんありそうです。

そうそう、HPのリンクのお願いしてもよろしいですか?
これからもご縁が続きそうですよね。
Commented by kent at 2006-08-16 19:02 x
熱処理しちゃうと、硬すぎ?というか粘りがなくなるのでしょうか?
そう考えると、まめに研ぐということをする、めちゃ堅い木は避ける、
などを考慮すると、そのままでいいのかな?って。
文をみただけなので、なんともいえませんけどね。
うーん、使ってみたいわ。
Commented by take@mie at 2006-08-16 22:30 x
みぞふちさん

実験というより浪費かもしれません(苦笑)。
でも、思わぬ発見もあるからこれまた楽しいです。
帰省で広島に戻ったとき、プロの方にお会いして、また色々興味深い
こと聞いてきましたので試したいこと沢山です。

こちらからもHPリンクさせていただきます。
これからも何度かお会いすることがあるでしょうね、
その時はよろしくです。

kentさん

鋼材のことは詳しくないのでコメントできません(苦笑)。
たまたま樹種、切削形状等と相性が良かっただけかもしれません。
仕上げ削りは、樹種、形状、杢等によって刃物との相性があるようで、
複数使い分ける必要があり、これ1本で・・・とはいかないので
今回の件で一つ選択肢が増えたかなと思ってます。
kentさん仰るとおり柔らかめ専用でしょう。
実験もまた楽し・・・です。
Commented by みぞふち at 2006-08-17 00:19 x
いろいろ考えた後はひらめきが来るとか。
私はいつもそれを期待するのですが、まだまだですね。
でも探る為に模索して、想像して、相談して、調べるついでのプレゼントがまた嬉しい。引き出しが増えるようですよね。
もっともっと増えますように。

コメント考えますので、また後程連絡入れますね。
Commented by take@mie at 2006-08-17 23:26 x
浪費にならぬよう色々な失敗を別の所で生かしたいですね。
これは本業でも言える事ですが。
私は年のせいか趣味本業問わずひらめきが随分減ってきました^_^;
でも新しいことするときは、何するにしてもワクワク気分です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 更新情報 薄板を使った自作ツール >>