木の出汁
本日よりケヤキの汁碗を使い始めました。
ケヤキはすこし特異な匂いがあるので熱い液体を入れるのに一抹の不安がありましたが、見事的中。
みそ汁の味は、少しケヤキの出汁が利いてて微妙な味だった(苦笑)。
まあ経験上1ヶ月ほど使い続けると消えると思うので、しばらく辛抱が必要かな。ガラスコートは元来通気性がある塗料なので、厚塗りしても木の味、臭いに関しては防ぐことが出来ない。やっぱり汁碗にはカツラ、ホウのように無臭に近い木が良い。

木の味を防ぐにはウレタンだと効果がありそうだが、安全性を考えると余り使いたくないですね。漆も防ぐことが出来るだろうけど、今度は“漆の出汁”が出てくるので少なくとも半年~1年は汁碗として使いたくない(苦笑)。以前、糠、お酢など臭い消しとしていわれているものを色々試したけど効果はなかった(湯飲みのときにね)。
自然に消えるのを気長に待つしかないようです。
[PR]
by turning_wood | 2006-11-27 23:17 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 間に合いませんでした 3代目 >>