茶筒の奥底
c0065363_2256099.jpg昨日はリベンジだと書いたが、結局日曜日は薪作りで疲れてしまい、専用刃物作りと昨日飛ばした木地を使って底の削り具合を確認した程度で終了。製作は次の休みということで・・・。

中繰りが深くなると太い刃物が安定するが、逆に切削抵抗は大きくなる。さらに、切削箇所が手元から遠くなり、刃の先端が刃物台から遠くなりと悪条件が重なるためより慎重さが要求される。このような理由から、作った刃物は大きめの刃物で切削抵抗が小さくなるようにしたもの。スクレーパーの先端をちょっといじったもので大したものではないけどBOX作りには重宝する。形は、まあ想像してみてください。こういう加工、皆さんあまり苦労されてないのかな?

早速試削をしたところ、昨日苦心した部分はものの見事に簡単に希望の形に切削できた。写真はその奥底の加工をしたものだが、側面の切削面が多少荒れているがこの程度であれば簡単にペーパー掛けできれいなる。ちょっと凸凹してるのはご愛嬌(苦笑)。
今回作った刃形と同じ小さめの刃物は持っていて重宝しているが、太い刃物から作ったものは無かった。もちろん小さめの刃物は目的場所に届かなかったので使えなかったのだが、前々から大きい刃物の必要性は感じていたので早く作っておけばよかった。
[PR]
by turning_wood | 2007-03-19 23:10 | Comments(4)
Commented by ナイス at 2007-03-20 23:24 x
お久しぶりです。底に泣いてます。boxはまだできませんのでコップ程度ですが、8cm位でも、縦木の場合よく引っ掛けます。スクレーパーはななめにカットして、少し厚めのものにしようと思ってます。シャローで中繰りしても、びびりますので、今ツールレストも工夫して、製作依頼してます。出来あがって、上々なら又アップします。
Commented by take@mie at 2007-03-21 22:49 x
ご無沙汰しております。
確かに深くなるとガウジはびびりますね。これはガウジの太さではなく、奥まってくると切れる角度で刃を当てにくくなっているためと理解しておりますがいかがでしょう。こうなるとスクレーパー頼りのところがありますが、一度、木口面のホローイングツールであるTermiteを試してみたいと思ってます。
峠の雪がなくなったら遊びに伺います。
Commented by ナイス at 2007-03-22 20:34 x
たけさん
おっしゃるとうりです。先のとがってる部類はhttp://www.woodturnerscatalog.com/cgi-bin/shopper?preadd=action&key=988-6007
のような形はびびりはあてる角度で変わります。この形は底が平らにしにくくびびり安いが角度あえば、驚くほどきれます。このツールいいですよ。
http://www.woodturnerscatalog.com/cgi-bin/shopper?preadd=action&key=988-0205
 この形だとびびりは出来にくく底も平らにしやすいが、切れ口が荒れやすい。 とおもいます。
Commented by take@mie at 2007-03-23 23:09 x
写真ではちょっと先端の形状はよくわかりませんが、色々試してみないといけませんね。ガウジは、基本的には購入後自分で先端の形状を変えないと使いにくいです。でも、色々作るとコストがかかるのが悩みの種・・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 茶筒 失敗は勉強のもと? >>