挽き納め
何日ぶり、いや何十日ぶりだろう・・・・、久々に旋盤廻して成型品を作った。棗を縦方向に少し大きくした程度の茶筒だが、茶筒は大きくても小さくでも手間が掛かる。今日は久々ということもありその手間を楽しみながら作ることができた。
c0065363_0534597.jpg

今年一年を振り返ってみると、あまり作品は作っておらず、新しい試みもなくウッドターニングに関しては中途半端な一年だった。恐らく今年最後の作品になる茶筒だが、Termaiteのおかげで中ぐりを随分と楽にさせてもらった。茶筒の中底は、平らでかつ底の立ち上がりは直角でないと気が済まないのだが、これをガウジ、スクレーパーだけでやろうとすると茶筒の中ぐりは比較的深いため非常に難儀するが、これにTermaiteが加わるとあっさりと綺麗に出来てしまう。Termaiteで底の入り隅を直角に仕上げるコツは刃物台を高めにすること。茶筒に限らず今年は木口面からの深いくり抜きが多かったので非常に助かった。

来年は40半ばになるからという訳でもないが、色々支障が出てきたので恥ずかしながらとうとう老眼鏡を作りに行った。来年からはストレスなく細かい作業が出来るだろうから、少しずつ作品の完成度を上げて行きたいと思う。
[PR]
by turning_wood | 2007-12-31 00:57 | Comments(2)
Commented by kent at 2008-01-01 22:27 x
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いしますね。
私も今日、遠近両用を買いました。
なにかと不便でしたし。
13日に出来てきますわ。
楽しみ。
Commented by take@mie at 2008-01-05 01:52 x
新年おめでとうございます。こちらこそよろしくお願いいたします。
kentさんもとうとう・・・・ですか。
私は遠近両用と迷った挙句、中近両用にしました。
来週出来上がりですが、もうすぐ今の不便さから開放されると思うと楽しみですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 挽き初め 木のコーヒーカップ >>