逆回転の集塵
c0065363_23303661.jpg先日グラインダーの逆回転研ぎを試しましたが、この方法を常用する時の問題点であった、ドレッシング時の粉塵対策に乗り出しました。対策といっても要は集塵口の増設、今の旋盤前の集塵口を基点にしてグラインダー専用の集塵口を増設しました。ついでに、バンドソー等のためにももう一箇所集塵口を増設することにしました。
板に配管の丸穴を開けるのはサクサク旋盤で済ませ、分岐ボックスは木ネジで適当に組み立て作業自体は半日で済みました。配管完了後、グラインダーを逆回転用にセット(砥石カバーの付け替え)し、ドレッシングを行って集塵効果を試したところ、見た目ではほぼ100%粉塵が吸引されるのが確認できました。研磨時の火の粉は少しシールドを大きくすればほぼ問題ない様子。しばらく逆回転研ぎを試します。

ちなみに逆回転研ぎのメリットは、よく切れることは前回試して感じたことですが、もう一つ、刃物研ぎのときの発熱が極めて小さいことがあげられます。SG120グリッドで多少しつこく研いでもほとんど発熱がありません。
[PR]
by turning_wood | 2008-04-28 23:52 | Comments(4)
Commented by 名古屋のK at 2008-04-29 08:59 x
逆回転本腰が入ったようで僕は連休中にやってみます。先日愛知の大御所さんのところに岐阜の先輩と行ってきました。目的はフリーハンドの研ぎの指導を受けることで、ホイールの面を直線ではなくて丸く変えてあり面に反ってガウジをスライドさせて研いでいただき納得でした。
まだ実行していませんが関東、滋賀のプロのガウジの形に酷似する予感がします。もちろん当分は治具を使ってやってみますが........
Commented by take@mie at 2008-04-30 21:05 x
先日↓でコメント頂いたドレッシング不用の方法でしょうか?
詳しいお話はまた会ったときに教えでください。
関東地方からのサンプルも貰いに行かないといけませんね。
それにしても色々な砥ぎ方があって面白いですね。
Commented by テックさん at 2008-05-01 19:45 x
Thompsonのガウジは注文しました。到着したらPackerdのカタログと一緒に送付します。グラインダーの逆転は、ルーペで拡大してみると、正転と明らかに差があり、バリが出ません。発熱については比べていませんが、熱が出ないに越したことはありません。

愛知の大御所の研ぎ方は、小生には真似が出来ません。まずはフリーハンドを物にしないと駄目ですね!

Commented by take at 2008-05-02 07:52 x
お手数お掛けしております。よろしくお願いいたします。
旋盤で木を削るときは刃物を安定に運べるのですが、いざフリーハンドでグラインダーに当てると全然ダメですね。いっそのことグラインダーの前にツールレストを設置してみてはどうでしょうか(苦笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 久々のホローイング 小ボウル >>