2017年 05月 30日 ( 1 )
集塵機の設置、防音
工房の集塵は、集塵口から自作サイクロンまでは完了しましたが、煩い集塵機をどうするか暫く思案していました。集塵機の音は結構大きい(大半は風切り音だと思いますが)ので夜間作業するためには防音は必須です。

とりあえず合板で囲ってやろうかと考えていたところ、某所で底と側面に50mmの固めのウレタンらしきものが貼り付けてあるジャストサイズの段ボールを見つけ速攻で頂いてきました。厚めのスポンジ製の蓋付きで、防音にはうってつけの箱です。
c0065363_23073068.jpg
蓋のスポンジを少し切り取り排気口を設置しました。
側面に穴を開けて排気することも考えましたが、箱内で循環させれば密閉状態でもモーターを空冷できると思いこのようにしました。
この箱に入れた状態で動かしてみたところ。騒音はかなり小さくなりましたが、まだまだ不十分でした。
c0065363_23075209.jpg
そこで、旧工房のミニログが物置になったため不要になったスチール物置に入れてみました。思いっきり廃品利用ですね。物置にはもともと僅かな換気口があるので排気口は設ける必要はなく、最後に工房から出したパイプを吸気口に接続し、雨水が入らないようコーキングして完成です。
c0065363_23084515.jpg
気になる騒音ですが、かなり静になりました。なんとか許容レベルだと思いますが、もう少しがんばりたいところです。鉄板のビビリ音などが若干あるので、物置内部の隙間に詰め物などをすればさらに静かになるかもしれません。
もう少し検討してみます。





[PR]
by turning_wood | 2017-05-30 22:45 | 工房 | Comments(0)