カテゴリ:未分類( 196 )
漆塗りの本
c0065363_22592492.jpg和竿の漆塗りの本ですが、変わり塗りに興味があって購入してみました。100頁ほどの本ですが、様々な変わり塗りの工程が解りやすく丁寧に綴られてます。中身の濃い本だと思います。
読んでると簡単に出来そうに感じるのはいつものことだが・・・(苦笑)。ぼちぼち材料揃えてチャレンジしてみますか。
[PR]
by turning_wood | 2008-06-17 23:07 | Comments(5)
木賊
今週末は名古屋方面の某イベントに行きたかったけど、間が悪いというかなんというか、こんな時に限って土日とも朝から夜遅くまで休日出勤。疲れました。休みも無くまた明日から一週間仕事です。

さて先日、かみさんの知人宅から木賊を頂いてきました。よく知られた自然の磨き材ですね。秋に刈るのが良いそうなので、時期的によくないせいか全体的に細め。しばらく煮て柔らかくし、ただ今乾燥中です。とりあえず1ヶ月程度乾燥させて束ねて使うつもり。茎には数cm間隔に節があり、生のときは引っ張ると簡単に節から抜けましたが、ある程度太さがあるものは煮てやるとなぜか抜けにくくなりました。細いものは煮ると節で分かれバラバラになってしまったので、次にお願いするときは太目だけにしよう。そのうち株分けしてもらって我が家でも栽培する予定です。
c0065363_23323786.jpg

c0065363_2350538.jpg

[PR]
by turning_wood | 2008-06-09 00:01 | Comments(2)
Thread Cutting
先週末はねじ切りで遊んでました。
作ったのは定番になりつつある小さなドングリ型Box。
ついでに、ねじ切りについてこれまで色々試行錯誤してきたことをHPにまとめてみました。興味ある方はご覧ください。
[PR]
by turning_wood | 2008-05-27 23:49 | Comments(0)
練習
可愛くなりすぎました(苦笑)。
c0065363_20513056.jpg

ホローイング作品はというと・・・とても見せられる状態ではありません。ボツになりました。
[PR]
by turning_wood | 2008-05-18 20:55 | Comments(0)
Pyrography and Woodturning
 一週間ほど前に入手したDetail Master。130Wのハイパワーです。見た目以上に重くて大きくてしっかりした筐体ですが、手作り感丸出しです(笑)。
c0065363_017062.jpg
120V仕様のせいか、100Vで使うと少しパワーが落ちているように感じたので、昇圧器経由で115Vで使ってます。
 工房で埃をかぶっていたハッコーペンもステレオ標準ジャック式に変更すればDetail Masterで使えました。ワイヤーを買ってくれば色々な形が作れます。c0065363_0172527.jpgColwoodやRazertipのペンも同じように自作すれば本機で使えるでしょう。 まず先日作ったホローイング作品で遊んでみましたが、収拾がつかなくなってしまい旋盤で一皮剥いて元に戻しました(苦笑)。 
いきなりは無理なようで、手始めに小皿で色々遊んでます。
[PR]
by turning_wood | 2008-05-17 23:44 | Comments(0)
久々のホローイング
おおげさですがレーザーガイドを引っ張り出してきました。
やっぱり楽チンです。しかも仕事が速い。
壁の厚みは4~5mm程度です。
手持ち刃物での中ぐりはなかなこうはいきません(苦笑)。
c0065363_065750.jpg
出来上がった作品は、現在飛行機で輸送中であろうツールの練習用素材となります。
c0065363_071236.jpg

[PR]
by turning_wood | 2008-05-06 23:50 | Comments(4)
逆回転の集塵
c0065363_23303661.jpg先日グラインダーの逆回転研ぎを試しましたが、この方法を常用する時の問題点であった、ドレッシング時の粉塵対策に乗り出しました。対策といっても要は集塵口の増設、今の旋盤前の集塵口を基点にしてグラインダー専用の集塵口を増設しました。ついでに、バンドソー等のためにももう一箇所集塵口を増設することにしました。
板に配管の丸穴を開けるのはサクサク旋盤で済ませ、分岐ボックスは木ネジで適当に組み立て作業自体は半日で済みました。配管完了後、グラインダーを逆回転用にセット(砥石カバーの付け替え)し、ドレッシングを行って集塵効果を試したところ、見た目ではほぼ100%粉塵が吸引されるのが確認できました。研磨時の火の粉は少しシールドを大きくすればほぼ問題ない様子。しばらく逆回転研ぎを試します。

ちなみに逆回転研ぎのメリットは、よく切れることは前回試して感じたことですが、もう一つ、刃物研ぎのときの発熱が極めて小さいことがあげられます。SG120グリッドで多少しつこく研いでもほとんど発熱がありません。
[PR]
by turning_wood | 2008-04-28 23:52 | Comments(4)
小ボウル
c0065363_23574965.jpg一気に6個仕上げました。同じものを単に削るだけでは退屈なので、刃物の形を探求しつつ、切れ味、使い易さを確かめながら・・・・。
材は薪の王様、「樫」。とても削りやすい。
直径130mm、高さ43mm。
なんとなくガラス塗料との相性が悪そうな感じ。
[PR]
by turning_wood | 2008-04-20 23:57 | Comments(0)
キャロットペン
ボニークラインの著書から真似て作り始めた人参ペンの最新バージョン。
c0065363_22585970.jpg
数ヶ月前に作った初期のものに比べ完成度が上がっていると少し自己満足。ポイントを強いてあげれば、当たり前だけどキャップと本体のセンターをきちんと揃える(細長いからコツがつかめるまで意外と難しかった)、キャップの嵌り具合もきつからず緩からず・・・ですかね。あとは適当に人参らしい形に削れば完成。
ペンキットより少し手間が掛かるが、元手が掛からない分販売価格はそれと比べると格段に控えめです。
[PR]
by turning_wood | 2008-04-15 23:05 | Comments(0)
皿ターニング
久々の平皿作り。4人家族なのになぜか5枚。
なんとなく動きが大きそうな感じがする板だったので、とりあえず荒削りだけ。
本当はしばらくこのまま置いておきたいところだが、早く使いたいのでそうもいかない。まあ、GW頃には作り上げるので気休め程度かな。一応、表裏どちらからでもチャックで保持できるようにと掴み代だけはこしらえておいた。
それにしても皿作るとホント木屑が沢山出る。
セン、径210mm。セン特有の白さと光沢を生かすため漆は使わない。
c0065363_23553580.jpg

[PR]
by turning_wood | 2008-04-14 00:09 | Comments(2)