カテゴリ:未分類( 197 )
皿ターニング
久々の平皿作り。4人家族なのになぜか5枚。
なんとなく動きが大きそうな感じがする板だったので、とりあえず荒削りだけ。
本当はしばらくこのまま置いておきたいところだが、早く使いたいのでそうもいかない。まあ、GW頃には作り上げるので気休め程度かな。一応、表裏どちらからでもチャックで保持できるようにと掴み代だけはこしらえておいた。
それにしても皿作るとホント木屑が沢山出る。
セン、径210mm。セン特有の白さと光沢を生かすため漆は使わない。
c0065363_23553580.jpg

[PR]
by turning_wood | 2008-04-14 00:09 | Comments(2)
ボールペンの替え芯
c0065363_7572465.jpg子供とジャスコの文具店に行った時、たまたま見つけたトップバリューブランドボールペン専用のパーカータイプのそっくりさん。一応日本製と書いてある。隣でパーカータイプと銘打って売られている替え芯と比べたが、ちょっと先端形状が違うくらいで見た目は全く同じ。ボール径が0.5mmともう一つ太めのサイズ(0.7 or 1.0mm?)の2種類あり価格は80円前後だった(ちなみにパーカータイプと銘打っている替え芯は300円程度だった)。
私は細めが好きなので0.5mm径のほうを購入し、最近お気に入りのクリックペンやパトリオットペンに装着してみたところ問題なく使え、書き味はキット添付のより随分良くなった印象。
やっぱり日本語書くには国産のペン先がいい?。
[PR]
by turning_wood | 2008-04-09 07:58 | Comments(2)
↓の写真、何か変なの解ります?
c0065363_23272151.jpg先週土曜日、テックさんがお越しになりました。用事でこちら方面に来たついでに寄られたのですが、朝9時頃から昼過ぎまでウッドターニング談義で楽しく過ごさせていただきました。
途中、グラインダーの逆回転で研ぐと刃物が良く切れるという話題になり、帰られた後、早速試してみたところ、写真の様に電源スイッチが裏面に移りましたが、機械安全上の問題もなく逆回転仕様のグラインダーになりました。パッと見解らないでしょう。

研いだ感じは逆回転のメリットと思いますが、刃物と砥石の当たり具合が非常にスムーズで、しかも#120、#80問わず発熱が少ない感じがしました。研ぎ終わったらバフで軽く溝のバリ取りをし(最近ダイヤモンド砥石でなくバフを使用してます。気持ち程度取るだけで長切れします)、適当な材で試し切りしてみたところ、現状でも十分切れる状態にしていたつもりでしたが、同等以上に非常に良く切れました。そこまで切れ味が良いなら逆回転仕様そのままで使いたいところですが、試し切り後、結局グラインダーをもとの状態に戻しました。
逆回転であるが故に、火花は顔に向けて飛んでくるし、砥石のドレッシング時の粉塵が思いっきり舞い上がるし、まあ要するに何でもかんでも顔めがけて飛んでくるので何らかの対策をしないと安全上問題があると判断したからです(付属のシールドでは跳ね返りが四方八方に飛び散ってまうので役不足でした)。保護具をきちんと装着すれば良いのでしょうが・・・・・
今は逆回転は止めましたが、グラインダー周りの集塵対策、シールド等をしっかりした上でいずれ再検討してみたい気もしてます。
[PR]
by turning_wood | 2008-04-08 23:35 | Comments(2)
ボックス作り2
c0065363_23243614.jpg昨日の続きです。甲の部分を仕上げて、中繰りして、最後に底を仕上げて完成しました。この手の装飾を施した作品はこれで5作目ですが、もちろん毎回改善しながら作っており、今回のが一番出来が良い。自分で言うのもなんだけど、立体感が非常に上手く出ていている。上がごちゃごちゃしている分、あっさりした木目の木と良く合う。

大きい写真は⇒の「最近の作品集」でご覧ください。
[PR]
by turning_wood | 2008-03-30 23:33 | Comments(0)
ボックス作り
久々に上↑↑のタイトルバーの装飾を施したボックスを作ってみようと思い、切れ端を物色して、まず部品作り。ちまちました作業です。約10種類ほどの樹種から得ました。
c0065363_23141448.jpg

別途製作中のボックスに埋め込み、現在養生中。
明日完成させます。
c0065363_23143315.jpg

余談ですが、今日の作業中バンドソーで指を挽きました。単純なミスです。
大事には至りませんでしたが、バンドソーの刃が指を裂いていく感覚がまだ残ってます。
以後十分注意して作業したいと思います。
[PR]
by turning_wood | 2008-03-29 23:39 | Comments(0)
AAWシンポジウムDVD
先日2年ぶりにAAWに入会するとともに、AAWシンポジウムの模様を収録したDVDを注文した。昨年、2006年シンポジウムのダイジェスト版を見せていただきフルで見たくなったからである。
毎年3本発売され、2本はテクニカル編(シンポジウムでのデモ映像、毎年およそ10人分)、1本はギャラリー編。当然ギャラリー編は要らないので、購入はテクニカル編のみになる。2003年分からDVDがあるので(2002年以前はVHSのみ)、とりあえず2003年~2005年分を注文。2006年以降は、今回購入したDVDの内容次第だが、良ければ2008年シンポジウムのDVDが出てからまとめて購入する予定。
注文後、約1週間で今日無事届いた。少し見てみたが、言葉は当然解らない(苦笑)。延べ30人分のデモ。しばらく楽しめそうです。
そしてしっかり真似させて頂きます(笑)。
c0065363_0185796.jpg

[PR]
by turning_wood | 2008-03-26 23:29 | Comments(2)
Escoulen chuck
なかなか上手くいきませんね。しかもこのチャック、何をやってもEscoulen風になってしまうのでその影を追い払うのに一苦労(もちろん出来は当人の足元にも及びませんが)。 写真は4軸動かしたあたりから収集がつかなくなり、中途半端な出来上がりをテクスチャで誤魔化した成果。それにしても、偏心は使った木地サイズの割には小さいものしか出来ない(苦笑)。
c0065363_232326.jpg

[PR]
by turning_wood | 2008-03-11 23:06 | Comments(0)
@会津
c0065363_22403878.jpg携帯から初めて書きます。昨日から仕事で会津若松ですが、今日仕事が早く終わったので街中の漆器店をハシゴしてきた。その中には木師さんがこじんまりと営まれているお店もあった。一番気に入ったのは金虫喰塗という手法で塗られた器。初めて見たけど美しい塗りだった。工程説明を見たら出来そうに思えて一応手順をメモしてきたが、でも無理だろう。蒔絵が施してある棗も美しかったが、価格もそれなり(苦笑)。
[PR]
by turning_wood | 2008-03-04 22:40 | Comments(0)
Escoulen chuck
買ってから随分経つが、これを使ってまだまともなものを作ったことがない。
ここ数日、どのように使うかずっと考えていた。
今日丸一日、考えていたことを試したが全然ダメ・・・。
削り自体は全然問題ないが、いかんせん形にならない・・・。
c0065363_2302342.jpg

[PR]
by turning_wood | 2008-03-01 23:22 | Comments(0)
フルコース
年末年始に二重焦点レンズ(簡単に言えば遠近両用)のメガネを新調して暫く使ってみたが、近くを見るのに下目使いしないといけないのが不便で、結局単焦点の近用(いわゆる純粋な老眼鏡・・・笑)も買いそろえた。強度のド近眼、加えて老眼・・・、この歳で遠用、両用、近用と3つのメガネのお世話になることになってしまった(苦笑)。
非常に不便さを感じるが、やっと自然な顔向きで手元がはっきり見えるようになってうれしい。
[PR]
by turning_wood | 2008-02-27 23:29 | Comments(0)