カテゴリ:未分類( 197 )
先日の汚いエノキの器のその後ですが・・・・
草木染の抽出済み染料を使用して染色してみました。抽出済み染料はわざわざ自分で煮出す必要が無いので楽です。媒染剤は手持ちに鉄、アルミ、銅、錫、チタンとそれぞれ一通り揃ってますが、害が少なそうなアルミ(明礬)、チタンを使用することにしました。口に入れるものを盛る器に銅(硫酸銅)、錫は使いたくないし、鉄はどれ塗っても黒っぽくなるのでパスしました。。
さて、色見本を見ながら手持ちの染料と媒染剤の組み合わせを選択し、一種類で染色したもの、多種を塗り重ねて染色したものなど色々試しました。染色が終わった段階で一旦乾燥させ、最後に器を十分水洗いして余分な染料と媒染剤を落として乾燥させました。その後、ガラス質塗料を数回薄く塗布して完成です。
出来上がりは写真の通りです。全部染色の色が違っております。お皿として使おうと思っているが、色々染み込ませているのでちょっと抵抗があります。水に暫くつけておいても色が染み出してこないから大丈夫だと思いますが・・・・あとは思い切りです(苦笑)。

c0065363_2391612.jpg

[PR]
by turning_wood | 2007-10-04 23:13 | Comments(0)
月例会
昨日は久々に月例会参加のため浜松に出向いた。
参加者は色々イベントが多い時期ということもあって少なく、いつもの顔ぶれの5名。
午前中は何時ものごとくおしゃべりで終わり、いつもの場所で昼食を取り、午後から木を挽き始めた。毎度のパターンである。

c0065363_2026364.jpg当日は、あらかじめ準備してあった課題、材料で、四角い平らな皿を、フェイスプレートのみで掴み直し無しで、正面、裏面を挽くという手法を試した。一手間減らすという手法だそうだが、平らな木地ということで、裏面(主軸側面)を挽くときは普通の立ち位置では刃物を入れにくく、主軸に抱きつくような不細工な格好で恐る恐る挽くことになった。もしかしたらその不細工な格好が工房に設置してあったライブ映像で流れたかもしれない(恥)。
平皿をあの体勢で、刃物の入れ方で挽くのはチョッと危うかった。角を下にカーブさせたことが余計難しくさせてしまった原因ではあるが・・・。
とりあえず何事も無く成形することが出来、挽いただけの途中段階で木地を持ち帰った。
せっかくなので後日最後まで完成させ、花台に使ってみるつもりである。

当日の雑談では幾つかの課題も指摘していただいた。具体的に書くつもりは無いが、最近自分自身でも感じていてここ数ヶ月模索している事柄であり、周りから見てもそうなのかと妙に納得してしまった。
色々試行錯誤してるのだが、なかなか思うように行かない。色々勉強しないとね・・・。
この分だともう暫く低空飛行が続きそうだ(苦笑)。
[PR]
by turning_wood | 2007-10-01 20:37 | Comments(2)
センターワークのボウル
薪小屋には、20~30個のエノキの玉切り丸太がストックしてある。これは、2006年2月頃に薪用にと集めた伐採木の中で、センターワークで作るナチュラルエッジボウルや花器用にと、小ぶりで皮にキズがなく状態が良いもののみ取っておいたものである(ちなみに、センターワークのナチュラルエッジは私好み)。
日当たりの良いところに置いてたためか、木口は木工ボンドで十分固めておいたにも係わらず芯割れが見られたが、表面のみで数センチ切り落とせば問題ない状態であった。
このたび、40cmくらいに玉切りしてある丸太を6枚にスライスし、センターワークでナチュラルエッジボウルを6枚作った。
以下が作った素の状態ですが、随分とアクが出ていて汚らしい(苦笑)
順番に重ねると丸太の形になります。
c0065363_22525292.jpg

伐採した直後に作った 作品 はものすごく綺麗な黄色の樹色をしていたが、数年後の丸太ではその面影はなくちょっと残念。保管状況は問題ないはずだが・・・。そういえば玉切り直後の切断面は綺麗だったけど、数日経つと段々汚くなっていってたような、薪割りして外気に触れたら黒くなるのが早かったような・・・。エノキ特有の養生の仕方があるのかな?。
ストックしてある丸太の木口を見たら、どちらかというと小径木のほうはアクがでてきてないので、若い枝だと綺麗なのか・・・・。
いずれにせよ、このまま普通に仕上げたのでは食器として使うには抵抗がある(苦笑)。
従って着色する訳だが、漆ではなく、染料を使って着色してみることにした。
[PR]
by turning_wood | 2007-09-27 23:00 | Comments(0)
Off Center Box
折角の3連休だというのに、昨日今日とずっと雨。
湿度も高くじめじめしててあまり動きたくないし、最近疲れが溜まってるせいも相俟って、旋盤を廻す元気もなく日中ゴロゴロして過ごしてます。宿題を消化するには好都合だというのに、やる気がでてこない・・・。
あまりダラダラしてても余計にしんどくなるだけなので、気分転換に夜旋盤を廻して、前からやってみたかった加工を試してみました。柔らかくて緻密な材料がいいだろうということで、工房にあったヒノキの枝を使い、網目の強度を考えて板目使いとしました。
c0065363_22413248.jpg

もうすこしセンターをずらしたほうが網目がきれいになりそうです。
それにしてもこういう細かい加工は、最近年のせいか近くが見にくくなった目では厳しくなってきました。そろそろ必要かな、老・・・・・。
[PR]
by turning_wood | 2007-09-16 23:16 | Comments(0)
HPの更新
Off Center Turningのマルチ軸作品の作り方を掲載しました。
下記のコピー作品の作り方ですが、興味ある方は試してみてください。
c0065363_2117853.jpg

[PR]
by turning_wood | 2007-09-11 21:17 | Comments(0)
ベジタブルボールペン
c0065363_2318484.jpg
にんじん、なす、大根・・・・
他にキノコを作ったら得体の知れないものになってしまった(要改善)。

沢山作ろうと思い昨日このペンに使う専用の替え芯を買い占めてきました。
題材となる細長い野菜を求めてスーパーの売り場徘徊してみましょうかね。
[PR]
by turning_wood | 2007-09-02 23:29 | Comments(4)
キャロットペン
c0065363_22555330.jpgボニークラインの本で紹介されているキャロットペン。
随分前に1本作って、家で重宝されインク交換をするほど使われている。金具が使われてないので軽いこと、ペン先が日本メーカー品でスラスラ書きやすいことが良いと言う。1本数十円のペン先と併せてコストはほとんどかからない。

一方、ペンキットと称して数百円~数千円と多種多彩のキットが販売されていてるのは皆さんご存知の通りで、もちろん出来上がった完成品は高価そうに見える(実際に高い)し完成度は高い。かくいう私も数十本は作った。しかし、家人は書きにくいというし、10本作って諭吉君が消えていくのは少々辛い・・・(苦笑)。色々な種類を作ろうとすると、キットだけだはだめで、それぞれに応じたドリル、ブッシュ等専用工具がひつようにり意外と出費がかさむ。

c0065363_22583977.jpg冒頭に書いたキャロットペンだが、キャップが無いので持ち歩くには適さない。そこでキャップ付き仕様のキャロットペンを作ってみた(写真下の上)。お金もかからないし、趣味にはこちらがいい!
[PR]
by turning_wood | 2007-08-30 23:51 | Comments(2)
今日は暑かった
c0065363_2265868.jpg置き場がないのに買ってしまった。
HCで特売してたのでついつい衝動買いを・・・。
それにしてもどこに置こう・・・・・
最近は、エアツールが少しずつ増えている。

それにしても今日は暑かった。汗だくのウッドターニングはあまりいいもんじゃない(苦笑)。
[PR]
by turning_wood | 2007-08-05 22:08 | Comments(4)
引越し
メインのホームページを移動しました。
ブックマーク&リンクの変更をよろしくお願い致します。
新しいアドレスは
http://www.nexyzbb.ne.jp/~syurusyuru/
です。
今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]
by turning_wood | 2007-08-04 00:00 | Comments(0)
ホローイング
c0065363_22334429.jpg

宿題製作の合間に、小さい作品のホローイングだけど、久々にレーザーガイドを使ってみた。
中ぐり作業はもちろんのこと、壁厚を薄く均一に仕上げるのも非常に楽である。それにサクサク掘れるので時間も早い。
あまりこれに頼りすぎると腕は上達しないが・・・・・
[PR]
by turning_wood | 2007-07-29 22:55 | Comments(0)