カテゴリ:カップ( 1 )
エスプレッソカップ
今年の第一作目です。
エスプレッソルンゴやマッキャートを淹れるのに丁度良さそうなカップを作りました。容量は100mLほどです。

形はオーソドックス、取っ手はいつもの要領で作りました。
取っ手の固定については、同様の方法で取り付けたカップを1年以上ほぼ毎日朝晩使っても問題ないので、今後これで良しとします。

木地の風合いを残した仕上げをする場合、熱い液体を入れるカップに使う木は匂いが少ない樹種が適しています。ケヤキ、タモ、ヒノキなどはブロック材が入手しやすいけどカップ、汁椀作りには遠慮したい樹種の代表格です。理由は、作って飲んでみれば解ります。漆で仕上げると木の匂い、味の写りはほとんどありませんが、暫くの間、漆の匂いに悩まされます。
経験では、エンジュ、ホウ、クワ、カツラ、クルミは良かったです。ウォールナット、トチも良かったような気がします。今回はセンですがどうでしょう?
c0065363_23494828.jpg

[PR]
by turning_wood | 2013-01-06 23:54 | カップ | Comments(0)