カテゴリ:木製ボールペン( 52 )
デスクペンとペンスタンド
c0065363_23371326.jpg

一週間ほど前に作ったものですが、今回は仕上げまで行いました。
過去2作と同じ楢でつくってますが、ペンには神代楢を使いました。

今まで作ってきた木製ボールペンは細かいところに神経を使って作りましたが、その反面デスクペン、ペンスタンドは全くその必要がないので気楽に作れます。
[PR]
by turning_wood | 2011-05-12 23:51 | 木製ボールペン | Comments(2)
ニンジン&ダイコンペン
材料費をかけず、簡単に作れる実用品という趣旨のもと40本目標で作り始めてます。今回キャップは省略しているので1本およそ10分程度で出来上がります。頑張れば1日で作れる量ですが、いつものことながら根気が続かないので日割りで作っていきます。
c0065363_23384663.jpg

ペンに出来る形は、やはりニンジンとダイコン以外思いつきませんでした。

仕上げも簡単にしてます。ワシンのポアーステインで着色して、上からアクリルスプレーを吹き付けて出来上がり。
[PR]
by turning_wood | 2011-05-08 23:48 | 木製ボールペン | Comments(0)
デスクペン&スタンド・・・その2
回転軸を動かして挽いて、ホルダー部分を少し傾けた感じにしてみました。
偏心で片持ちするにはEscoulen chuckがあれば便利ですが、とうの昔に手放したので普通のチャックで工夫してやりました。3軸程度まではなんとか普通のチャックでも対応できます。ペンの長さも前回よりも2cmほど長くしました。
c0065363_17155131.jpg

オーソドックスな形になりましたが、前作よりスマートな感じに仕上がりました。それに少しホルダーを傾けたほうがやはりペンスタンドらしく見えます。
さて、2軸で挽いて且つボックス仕立てにするには・・・・
手順を考えてみます。
[PR]
by turning_wood | 2011-05-01 17:19 | 木製ボールペン | Comments(0)
デスクペン&スタンド機能付きボックスの試作
 デスクペン、これも市販キットがあるのですが、木製ペン同様に一から手作りしてみました。
 木だけで作るとこうなってしまうという形になりました。これから変化を与えてみたいと思いますが、とりあえずホルダー部分が少しもっさしているのを改善したいところです。ペンももう少し長いほうが良いかもしれません。
c0065363_22592224.jpg

スタンドは、クリップなどちょっとした小物を入れられればと思い、
ボックス仕立て(蓋付き小物入れ)になっています。
c0065363_22595169.jpg

材質:楢、黒檀
サイズ:直径68mm、高さ180mm
[PR]
by turning_wood | 2011-04-24 23:12 | 木製ボールペン | Comments(0)
春ですね
やっと暖かくなり工房のストーブを片付けました。振り返ってみると、灯油タンクに給油した記憶があまりないので、今年の冬はほとんど工房に足を運んでないのが良くわかります。旋盤、ほとんど廻してません。
そのため依頼品の納期が延び延びになってましたが、先週末ペンを作り終え一段落しました。
c0065363_2230462.jpg

これから何を作ろうか色々考えているのですが、家の食器を新調しろというささやきが聞こえてきているので、とりあえずこの辺りから取り掛かろうと思ってます。
[PR]
by turning_wood | 2011-04-06 22:34 | 木製ボールペン | Comments(0)
完成品
今回クリップを装着して完成させたペン達です。
以前、キャップ式はもう作らないなんで書きましたが、こうして出来上がったペンを見るとまた作ってみようかなという気になってきます。
自分で言うのもなんですが、コンパクトサイズのキャップ式ペン、結構気に入ってます(調整が大変ですが)。
c0065363_22374329.jpg

宿題があるのでもうちょっとペン作りは続きます。
[PR]
by turning_wood | 2011-03-05 22:43 | 木製ボールペン | Comments(3)
クリップを装着
今日は(根性で)作りかけのボールペン全部にクリップを装着しました。
クリップはすべて1本ずつ微調整しながら現物合わせで取り付けです。
だから1本1本微妙に形が違います。

ざっと手順を書きますと、
①糸鋸から切り出したクリップをサンダー削って形を整える
②キャップのクリップ取り付け部分を加工する
③クリップ先端とキャップの間に隙間が生じないように現物合わせで微調整
④接着剤で固定する
⑤ドリルで穴あけ
⑥ダボの埋め込み
⑦サンダーで削って最終成形、クリップのしなり具合調整
⑧全体の最終チェック
⑨塗装 ← (現在位置)

木地の切り出しから完成までに、1本1本これだけ手をかけてやると作ったペンすべてに愛着がわいてきます。各々クセがありますが、それも良しとします。
[PR]
by turning_wood | 2011-02-27 23:47 | 木製ボールペン | Comments(2)
クリップ
久々に工房に入って作業しました。
ペン製作工程で一番面倒で嫌いな作業がクリップ作りなのですが、このため作業が延び延びになりクリップを取り付ける前の状態でストップしたペンが沢山あります。糸鋸でちまちま切り抜きますが、糸鋸が非力なせいか、黒檀を切っているせいかわかりませんが、3個くらい切り抜くと刃が全く切れなくなり、無理して切ろうとすると刃が折れて交換という繰り返しです。
ん~、ストレスが溜まります。
c0065363_2357656.jpg

[PR]
by turning_wood | 2011-02-11 23:59 | 木製ボールペン | Comments(7)
キャップ式ペン
現在、木製ペンはツイスト式とキャップ式の2種類を作っている。ツイスト式は成形、ツイストメカ挿入、塗装して出来上がりだが、キャップ式はそうはいかない。木は日々呼吸していることはご承知の通りで、それゆえに微妙に動いて、なかなかキャップの装着感が安定しない。樹種によっても動きの程度が全然違う。

昨年8月に作ったペンも未だに微妙に動き続けているし、今回作っているペンはキャップの穴あけ後2ヶ月くらい放置したものを使ったが、完成直後はかなり動いた。かなりといっても採寸してもわからない程度だが、装着感の調整は微調整の積み重ねの結果なので影響は大きい。先日、キャップ式はもう作らないかも、と書いたのは安定したものが作れないからでした。

今、温度変化を与えて数日毎に微調整して様子を見てますが、最近になってやっと落ち着いてきそうな気配。

こんな状況ですが、懲りずにキャップ式で違うタイプを作り始めてます。
[PR]
by turning_wood | 2011-01-26 23:00 | 木製ボールペン | Comments(2)
塗装中
ペンに塗装を施してます。
シリコン系塗料を塗布してはふき取り、乾燥を4~5回繰り返すと、半艶の自然な仕上がりになります。
キャップの穴空けには同じ径のドリルを使用しているにも係わらず、キャップと軸は完全に一対一の関係です。組み合わせを間違えないよう一本ずつ塗装していきます。
c0065363_2258372.jpg

[PR]
by turning_wood | 2011-01-18 23:12 | 木製ボールペン | Comments(2)