カテゴリ:ボックス( 14 )
爪楊枝入れ
ある方からペン型の爪楊枝入れを作って欲しいという申し出を受け、早速作ってみました。小さな万年筆っぽい仕上がりになりました。
c0065363_2132786.jpg

噛み合わせにはネジ切りも考えましたが、ネジ切り装置は先代旋盤用のものをそのまま流用しているための不具合が今頃になって発覚し、また、20TPIという細かいネジが切れるThread Chasingという手段もあるのですがこちらはまだ成功率が低い、ということで普通の噛み合わせにしました。自然に蓋が外れるということがないよう噛み合せの強さは調節してあります。

直径:約16mm、長さ:115mm、花梨と楓。
爪楊枝は約17本収納可能。思ったより沢山入りました。
[PR]
by turning_wood | 2011-07-25 21:18 | ボックス | Comments(4)
木地作り
独楽を蓋にしたBOX(適当な名称が思い浮かばない)を少しずつ作ってます。

不用意に濡らして独楽の色が滲んでしまう失敗を繰り返さないようにとすぐに塗装を施し、完成品のように見えますが、これはまだ木地の段階でして、この後エアタービンで加工して側壁を穴だらけにしてしまいます。
c0065363_22334583.jpg

左は楓、右は南洋材ですが名前は忘れました。
[PR]
by turning_wood | 2011-07-20 22:42 | ボックス | Comments(0)
エアタービンで追加工
先週作ったボックス作品の側面にエアータービンで加工を施しました。ちなみに、前回の写真と独楽の色合いが違うのは、汗が落ちて色が滲んでしまい作り直したためです。暑いと思わぬことが起きます。作り直したらすぐに防水処理したのは言うまでもありません。

エアタービンを使うのは1年ぶり。安くないツールなのでもう少し使わないと勿体無いですね。穴あけするには壁厚は約2mm程度に揃えておくのが丁度いいです。
c0065363_12334166.jpg

[PR]
by turning_wood | 2011-07-11 06:32 | ボックス | Comments(2)
キノコ型BOX
工房の片隅から3セット分のキノコ型BOXの作りかけが出てきました。まだ蓋の内側を彫っただけの状態でまだ最初の工程の段階でしたが、捨てるのも勿体無いので仕上げてみました。キノコ型BOXを作るのは数年ぶりです。

傘(蓋になります)にそれぞれ少し手を加えました。ジェットチゼルを使うのも数年ぶり。ほとんど工房の肥やしになってました(そういう道具が沢山ります)。
c0065363_017956.jpg

一部毒キノコのようになってしまいました。
c0065363_0172026.jpg

キノコ型BOXはもともと爪楊枝入れとして作ってたので、今回も同じく
爪楊枝入れとして使えるようにしました。

傘:ケヤキ、柄;ニレ
[PR]
by turning_wood | 2011-06-21 00:21 | ボックス | Comments(0)
コーヒー豆入れ
コーヒー豆を入れるために作りましたが、可愛い系のボックスになってしまいました(実物はそれほどでもありませんが)。たぶん赤の水玉模様に見える蓋が原因かと・・・。黒系にしたほうが良かったかもしれません。そのうち適当な端材が出たら作り変えてみます。
先ほど生豆を焙煎してみたら約150gほど入りましたが、焙煎は100g単位で実施しているのでちょっと中途半端な大きさでした。
c0065363_23395230.jpg

直径約100mm、高さは120mm程。
ケヤキ、ブビンガ(みたいな木)。

kentさんのリクエストに応えて蓋のアップを。
燃料用に頂いた端材の中から拾ってきました。
c0065363_2325358.jpg

[PR]
by turning_wood | 2010-05-03 23:49 | ボックス | Comments(6)
ボックス作り
前回ローズウッドで作ったボックス(いい呼び名が浮かびません)と同じものを違う木で作ります。

まずは木地作り。外側はカエデ、内側はウェンジを使いました。二重ラインの内側をエアタービンで適当な模様でくり抜いていきますが、くり抜くのはカエデだけです。
c0065363_18444414.jpg

写真は約1/4ほど加工した状態です。時間切れで今日はここまで。
c0065363_18445391.jpg

[PR]
by turning_wood | 2009-09-13 18:47 | ボックス | Comments(0)
3段ボックス
今日はご依頼品の3段ボックスを作りました。3種類の漬物を少しずつ入れておき、毎日の食事に彩りとして添えたいのだそうです。木目に合わせて順番に重ねなくてもピッタリ重ねることができるように寸法を合わせてるので、どのような使い方でも対応できます。ご希望は漆仕上げですが、少なくとも半年は臭くて使えないと思うので別の仕上げも検討してみます。

3段重ねで木目を合わせ、しかも寸法も統一するということは、どこか一箇所でもミスするとおじゃんになってしまうので最後のほうは緊張しました。
c0065363_2155349.jpg
c0065363_2155493.jpg

直径82mm、高さ120mm、材はタモ。
[PR]
by turning_wood | 2009-02-28 21:58 | ボックス | Comments(2)
ボックス作品の製作・・・その2.5
c0065363_21493229.jpg気にいらないので蓋を作り変えた。
結局いつものパターン。
進歩がありません(苦笑)。

先日紹介したBerger Toolですが、内底をフラットにするのに最適でした。多少深くても安心して使えました。日本式ツール等を参考に作ったとのことですが、使った感じは掘り下げられないスピンドルガウジ・・・みたいなで、私の中では先日も書きましたが、内底、蓋の内側の仕上げ専用ツールという位置づけです。
[PR]
by turning_wood | 2009-01-31 21:59 | ボックス | Comments(0)
ボックス作品の製作・・・その2
その2、その3と続くことなく、いきなり出来上がり品になってしまいました。
中のくり抜きと底の仕上げを行い、蓋を作り出来上がりです。ただ、気に入った蓋がなかなか出来ず、端材で3種ほどこしらえ、その中から選んで本ちゃんを作りました。とはいえ、微妙な感じです(苦笑)。
直径100mm、高さ80mm、シャム柿、タモ。
いつもはオイルワックス系の仕上げですが、濡れ色にならない塗装をやってみます。
c0065363_23402686.jpg
[PR]
by turning_wood | 2009-01-24 23:50 | ボックス | Comments(0)
ボックス作品の製作・・・その1
最近は木と遊ぶよりもPCで遊んでる時間の方が長くて、そのためこの日記もサボり気味ですが、この週末は日曜日の夕方に少しだけ旋盤を廻してボックス作品の製作を開始しました。今日は昨日の続きを少々。とりあえず外側の加工だけ終了。次は中ぐりと口周りの成形です。

c0065363_23341523.jpg
[PR]
by turning_wood | 2009-01-19 23:43 | ボックス | Comments(0)