カテゴリ:ボックス( 14 )
↓の茶筒の続き・・・・
再度茶筒を作製しました。写真をGalleryのページに掲載しました。
今度は桑で、また同じようなテクスチャを施しました(ちなみに先日のはウォールナット)。
先月荒削りして仕込んだ材料は、2/3の確率で完成品となりました。

茶筒が出来上がった時、蓋が空気を排出しながら自重でゆっくり落ちていく様子を眺めるのは、毎度のことながら自己満足に浸れる瞬間です。
皆さん独自のコツがあると思いますが、私の場合は蓋の内壁を垂直に(平行に)作ることに腐心してます。いつも手前と奥の内径差が0.2mm以内を目指します。これが出来れば身のほうは先端方向を若干テーパー(直径で約1mm弱小さく)に仕上げれば大抵上手く出来上がります。もちろん、完成後に木が狂わないよう下ごしらえしておくことも重要ですが。
[PR]
by turning_wood | 2008-12-01 22:40 | ボックス | Comments(2)
試作品
c0065363_232744100.jpg今日は有休で仕事はお休。少しだけウッドターニングを楽しみました。茶筒の製作途中、ジグの試運転を兼ねて表面にテクスチャを施してみましたが、切削面が汚くイマイチの仕上がりになってしまいました。ほとんど出来上がってたのに勿体無いことをしました。刃物研磨し直して出直しです。
「試作品」と題したけど、売り物作ってるわけじゃないので作るもの全て試作品なんだけどね。正確には失敗作か(苦笑)。
[PR]
by turning_wood | 2008-11-28 23:49 | ボックス | Comments(0)
欅の茶筒
c0065363_23145226.jpg先日茶筒用に荒削りした3組のうち、欅のものを仕上げました。実に数ヶ月ぶりのボックス作品作りということもあって、頼りない刃物運びの連続でした。一番のミスは、中ぐりの終盤に刃物を抜くときに立ち上がりを10mmくらい飛ばしてしまったこと。終盤の出来事だったので非常にがっかりしたのですが、そこは凹まずリペアを敢行しました。おかげで、いつもなら外蓋の高さに立ち上がりの高さを揃えるのですが、今回は中蓋の取っ手の高さを外蓋の高さに揃えることになってしまいました。そうしないと内蓋が踊ってしまいますので。出来上がってみると、窮屈そうに内蓋を作るよりもスマートに感じますね。大きな写真はいつも通り「最近の作品集」に掲載しました。
[PR]
by turning_wood | 2008-11-14 23:45 | ボックス | Comments(0)
下ごしらえ
c0065363_2351776.jpg今日は午後から休日出勤だったが、午前中少し時間があったので茶筒用の荒削りを行った。中ぐりは7割方掘り下げた。中蓋は身の残りで作ることになる。それにしても本格的に削ったのホント久しぶり。
樹種は、桑、欅、ウォールナット。桑は黄金色を楽しみ、欅は少し杢入りでそのまま平滑に仕上げることになりそうだが、ウォールナットは素直な木目なので何かテクスチャを考えてみよう。茶筒は蓋の閉まり具合にこだわりたいので、このまましばらく放置して落ち着かせ、気が向いたとき仕上げることになる。
いつのことやら・・・・(苦笑)。
[PR]
by turning_wood | 2008-10-19 23:22 | ボックス | Comments(0)