カテゴリ:日々の木工( 67 )
ウッドターニングフェスティバル
昨日、ウッドターニングフェスティバルに行ってきました。
久々にお会いした方とも色々お話でき、楽しい一日でした。

簡単に会場の模様を紹介します。

機器展示とツール、材木等の販売。
新しいJETの旋盤(1221VS)を使ってEWTの超硬刃を試削していたらフェイスガードを付けろと注意されてしまいました(苦笑)。ごもっともです・・・。
c0065363_2310856.jpg

メインイベントの作品展示。約80品とのことで、昨年のおよそ1/3の規模でした。今年はテーマを特定していないので、ユニークな作品が色々ありました。
c0065363_23102039.jpg

その他、2つの団体の作品展示がありました。
一つめは木旋美術倶楽部による作品展示。
c0065363_23103546.jpg

もう一つがJWAメンバーによる作品展示。私も一応会員(幽霊ですが)なので何か一品をと思いましたが、こちらに出せるような作品が手元になく協力できませんでした。
c0065363_23104561.jpg

昨年は無かったデモです(昨年は別会場でデモをやっていたので、正確には「同一会場では」ですね)。こういうのがあると「らしい」イベントになりますね。
c0065363_23113157.jpg

最後に、私の出展作品を紹介します。三種類の木で同じものを作りました。
c0065363_23114015.jpg

拡大するとこんな感じ。
c0065363_23115147.jpg

[PR]
by turning_wood | 2013-11-04 00:09 | 日々の木工 | Comments(0)
近況
先月末からコツコツとオフのイベント用作品を作っていましたが、先週末やっと出来上がりました。このイベント、昨年に引き続きの参加です。今年は見学だけにするつもりでしたが、なんだかんだ言われて最終的に締め切り直前に申し込みました。

昨年作ったものはこちらで、木地作りに非常に手間がかかった代物でした。
今年作っている物は昨年ほどの手間はかかってませんが、普段より十分細かい作業になっており、煙にまみれて(?)夜な夜な少しずつ作業してました。
完成品は後日紹介しますが、自己評価では完成度は昨年のほうが高いかな?
気になる欠点がいっぱい(苦笑)。
実用性が全く無い代物でございます。

明日、明後日までには梱包して発送しなければいけません。昨年同様に出品セットに着払い伝票が入っていたのは結構なのですが、超不便な佐川っていうのも・・・。
個人では、佐川で送れって言われても困る人、多いのではないでしょうか。
このへん、考えてくれないかな・・・・。
[PR]
by turning_wood | 2013-10-22 08:40 | 日々の木工 | Comments(0)
カップのリニューアル
暑くて何も作ってないから・・・と放置してたらいつのまにか2ヶ月経ってました。

今年1月に作ったデミダスカップ、さすがに毎日朝晩使っているとコーヒーの色が吸着して随分汚らしくなってきたのでリニューアルしました。薄い色の木で作ると汚れが目立ちます。外側のコーティングも少し弱くなってきてます。
c0065363_22501492.jpg

汚れた表面を今更刃物で削り落とすわけにもいかないので、ペーパーで一皮剥いてやります。使っているのは直径30mmほどの小さなパワーサンディング。小物作りには便利です。
c0065363_23105574.jpg

掴みは真空チャックを使います。チャックは安価なフェイスプレートを使って木で作ったものもですが、作品形状にあわせて随時成形できるので結構便利に使ってます。写真のものは何度も使いまわしているので随分と歪な形になってます。短くなったり細くなったらまた別の木を固定して新調することになります。

汚くなった内側も一皮剥けば綺麗な状態に戻ります。
取っ手部分は旋盤上で加工できないので、手作業で加工します。
c0065363_22541569.jpg

新しく作り直すのも簡単ですが、折角作ったのだから手直しして長く使いたいです。
[PR]
by turning_wood | 2013-08-26 23:41 | 日々の木工 | Comments(0)
穴あけポンチ
半年ほど前にオフコーポレーションから買っておいておいた50mmの穴あけポンチ。 シート状のマジック式サンドペーパーから50mm径の丸型を取るために使うわけですが、今日はじめて使ってみました。
c0065363_2314997.jpg

とにかく打ち抜けばいいのだろうと思い、最初はゴムハンマーで叩いて様子見、そして仕舞いには添え木をして金槌で思いっきり叩きまくったのですが、いっこうに打ち抜けません。おかしいなと思いよくよく見てみると、刃がついてません。これでは必死で叩こうがどうしようが打ち抜けないはずです。
c0065363_23203197.jpg

道具の性格からして初めて使うときはまず研いでから使えということはないでしょう。たまたま不良品に当たったのか、全部こうなのかわかりません。本来なら不良品だよと連絡したいところですが、今回は購入後しばらく経っていることもあり、仕方ないのでグラインダーで研いでみることにしました。
c0065363_2331147.jpg

ラフィングガウジを研ぐときの要領でVアームを使います。角度が決まればあとは刃が付くまで回転させて均等に研いでいけば出来上がり。きっちり刃が付けば、もちろん簡単に打ち抜けました。
c0065363_23334481.jpg

[PR]
by turning_wood | 2013-06-16 00:00 | 日々の木工 | Comments(0)
桜のボウル
c0065363_8385843.jpg

桜(生)、直径約25cm、高さ約13cm

先月末から続いている薪割りはやっと終わりが見えてきて、あとは普通に割ることができない大径の丸太を残すのみとなりました。大径の丸太はチェンソーで半割りにしてから割ることになりますが、また例によって横道にそれてしまいました。
[PR]
by turning_wood | 2013-04-29 22:18 | 日々の木工 | Comments(0)
薪&材料集め
2週連続で薪集めやってました。ナラがメインで桜が少々。
大径のものがあるので生木で器を挽きたいところですが、そんなことをしてたらいつまで経っても処理できないので、さっさと割って薪にしてやります。
 
c0065363_981522.jpg

で、最後に残ったのが桜の大木。
c0065363_984444.jpg

何人かで作業してましたが誰も手をつけなかったので、私が半日がかりで解体しました。
こちらは薪にするのは勿体無いので、ウッドターニング用材として特大ブロックに切り出してきました。切り屑の量がすごいのでこういう作業は山で済ましておくに限ります。
ここまでしないと重くて持ち出せないというのもありますが・・・。
c0065363_991673.jpg

[PR]
by turning_wood | 2013-03-24 23:33 | 日々の木工 | Comments(0)
久々に・・・
やっと暖かくなってきたので少しずつ動き始めました。
いまさらですが、昨年夏に購入したハンターツールのオスプレイ、初めてまともに使ってみました。半年以上放置状態でしたね。
c0065363_23154599.jpg

センターワークでご飯茶椀を作ってみたのですが、購入当初の感想どおり内側の仕上げ削りにいいです。交差する木口も綺麗にカットしてくれました。荒削り、成形段階では、以前も書いたとおり普通のボウルガウジのほうが良いので出番はなさそうです。まあ仕上げ限定で使えばカーバイト製カッターも思いのほか長持ちするでしょう。

もう一つ、仕上げ用に買ったツールがあります。
c0065363_23161598.jpg

これは昨年末に買ったモンロー用のシアースクレーパー。カッターのつけ方により押しでも引きでも使えるというが、これはもう少し練習が必要みたいです。写真は「押し」で使ったときの使用感を確かめているところ。
使いこなせるようになったとき詳しく紹介します。
[PR]
by turning_wood | 2013-03-13 23:22 | 日々の木工 | Comments(0)
海外通販
昨年末、Packard Woodworksに注文していた荷物が届いた。
新ツールを買った・・・といいたいところですが、注文したのは部品みたいなものばかりで大した物はありません。

ほぼ1年ぶりの海外通販でしたが、思い返してみると昨年買ったものといえばオスプレイくらいだから、ほんと買い物をしなくなりました。というか、新ツールにしてもスクレーパーみたいなものばかりで、買って試したくなるような物がなかなか出てきませんね。
もう十分揃っているからという話もありますが、個人的には楽しみ半減?(^^;

c0065363_23201745.jpg

[PR]
by turning_wood | 2013-01-05 23:39 | 日々の木工 | Comments(0)
満10年
久々に径があるものを挽きました。といっても私の旋盤で挽けるサイズなんてたかだか知れてますが。
c0065363_1043964.jpg

さて、うつわ展の出品表に木工旋盤歴を記入する欄がありまして、改めて何年だろうと数えてみたらこの秋で丁度満10年を迎えたことに気づきました。始めた当時は国内にウッドターニングに関する情報はほとんどなく、オフコーポレーションで唯一販売されていた一枚のデモDVDと木工事典の特集記事だけが頼りでしたが、それだけでは何も解らなくて教えを請うために浜松の木工旋盤同好会を何度も往復しました。その度に新しいツールに出会い、そして物欲に負け散財も激しかったですがそれも楽しみの一つでした。今ではインターネット、DVD、動画サイト等で情報が溢れており、いつでも新しい情報が手に入ります。当時を思い返すと羨ましい限りです。

昔は、何を作ろうか?と考えたとき、AAWの冊子に掲載されていた作品を真似てよく作っていました。最近の動向はチェックしてませんが、年々カービング(デコレーション)的要素が強くなってきているように思います。AAWというよりもAAWC?と改称したほうがいいのではというくらいですが、自分で10年間経験してみるとそういう方向に進んでいった理由がなんとなく解るような気がします。
[PR]
by turning_wood | 2012-10-29 00:20 | 日々の木工 | Comments(3)
近況
ずいぶんご無沙汰しておりましたが、その間、うつわ展のエントリー代が無駄にならないよう少しずつですが作業を進めてきました。

今回作った作品は、Myシリーズ物の恐らく最終バージョンになるであろうもので、前から一度作ってみたかったものの、とても面倒そうなのでなかなか作る気にならなかったものです。、実際に作ってみると木地を作るだけで随分日数を要し、予想通り今までに比べて段違いに面倒な作業でした(苦笑)。木地さえできれば後は簡単なのですが。

Myシリーズ物って書くと、どんなものか大体検討が付く方も居られるかもしれませんね。

一品が小さな物なので2~3個の組作品を考えてます。やり直しがきかないので、削るとき柄にもなく緊張しました(苦笑)。あとは今週末微修正、仕上げを行って、締め切り直前の来週早々には発送できそうです。
[PR]
by turning_wood | 2012-10-22 23:19 | 日々の木工 | Comments(2)