カテゴリ:日々の木工( 66 )
バーニング
暇をみてはバーニングペンで少しずつ模様付け。夜間は窓を締めきっての作業になるのでかなり煙が充満します。換気扇は取り付けてないので集塵機で排煙しながらの作業です。

完成品のイメージがあるわけでなく、思いつきでやっているのでこの先収集がつかなくなるかもしれません。お見せできるのもここまでかも・・・。
c0065363_7595189.jpg

[PR]
by turning_wood | 2012-05-30 23:08 | 日々の木工 | Comments(0)
ホローイング
3月末からの体調不良の原因は、どうやら百日咳が原因だったみたい。まだ少し咳こむのと、咳でかなりダメージを受けた肋骨付近が少々痛みますが、先週くらいからやっと普通に動けるようになりました。
そんな訳でして、今日は久々に旋盤を動かすことができました。
昨年末に購入したまま放置してあったモンローハイブリッドを使ってホローイング。このところずっと小物だったので久々にウッドターニングらしい気分を味わいました。

外観にお絵かきをしますが、今日は時間切れ。
c0065363_22314683.jpg

[PR]
by turning_wood | 2012-05-27 22:57 | 日々の木工 | Comments(0)
今月つくったもの
今月は先月末からの体調絶不調が延々と続いている状態ですが、そんな中、週末木工でこつこと小物を作り貯めしてきました。
頼まれた数をやっと作り終え、とりあえずひと段落しました。
あとは夜の内職でキノコの頭にストラップを埋め込めば完成。
c0065363_2382135.jpg
c0065363_238582.jpg

[PR]
by turning_wood | 2012-04-25 23:14 | 日々の木工 | Comments(3)
グラインダーの引越し
旋盤を始めた当初にオフから購入したKERVの6インチハーフスピードグラインダーですが、数年前に「バルドー」と「グリズリー湿式」を使い始めてからめっきり出番がなくなっていました。それでも片隅に設置していたのですが、先日工房を少し模様替えしたら置き場がなくなったので、使っていただける方にお譲りしました。
約10年選手ですが、ホイールを購入時のものに戻し、拭き掃除したら綺麗になりました。現在も販売されてますが、当時に比べて円高にもかかわらず随分値上がりしてますね。もし今これを買うくらいなら5000円ほどプラスして8インチの兄弟機(?)を買ったほうが良いかもしれません。
c0065363_23373875.jpg

[PR]
by turning_wood | 2012-04-24 23:46 | 日々の木工 | Comments(0)
ハンターとヘラクレス
最近、カーバイトチップを装着したツールが幾つか出回るようになってきましたが、使ってみたいと思ったものはなく、あまり興味がありませんでした。

そんな折、1ヶ月前のことですがヘラクレスミニを試させて頂く機会がありました。その時はツールレストにべた置きで少し削ってみただけで「ふ~ん」くらいにしか思いませんでしたが、最近ヘラクレスをボウルガウジと同じような使い方をしている映像を見つけて、「へぇ~」と感心してしまいました。

そういう使い方ができるのならと少し興味が湧いてきましたが、それならチップが斜めに取り付けてあるヘラクレス仕様の先端でシャフトが丸棒っていうのもありじゃないか・・・、と思うのですがどうなんでしょうね。
まあチップの取り付けが水平であればハンターツールと同じになってしまいますが、そのへんの違いも含めて機会があればヘラクレスとハンターツール、同時に試用してみたくなってきました。

あまり散財できないんですけどね(苦笑)。

ハンターツールとヘラクレスの詳細はコチラ↓
http://www.hunterwoodturningtool.com/products/
[PR]
by turning_wood | 2012-03-17 23:40 | 日々の木工 | Comments(4)
しめじ?
ある方のオススメで作ってみました。
ストラップの飾りになるのですが、金具類を用意していないので今回はここまで。サイズは指先ほどの大きさです。
出来上がりを見せたら「しめじ」とも「きのこの山」とも言われました。

昨年は夏のバザー用に独楽を提供しましたが、独楽より早く作れて簡単なので、今年はこちらで計画してみるつもりです。
それにしても、ここまで材料を使いきってしまうと捨てるところがありませんね。
c0065363_1348043.jpg

[PR]
by turning_wood | 2012-03-12 07:17 | 日々の木工 | Comments(0)
胡桃割り器の試作
ある方から海外製の胡桃割り器のコピーをを作って欲しいと頼まれまして、とりあえず試作してみました。いつもそうですが、初物は時間がかかります。今回はこれでも半日要しました。
胡桃をセットする部分の彫り込みは、実物はフォスナービットを使っているようですが、手持ちがないためターニングで彫り込みました。出来上がってみると彫り込みが少し甘かったようで、こういうところは作ってみないと解りません。
ねじ切りは旋盤用のねじ切り装置を使いましたが、主軸にカッターを取り付けているためネジ切り量に制限が生じます。Beallのネジ作製キットのように無限に切れればいいのですがそうもいかないので、できる範囲内でも問題ないように全体の形を考える必要があります。

懸案だったねじ加工時のねじ山の欠けですが、今回は山桜を使いましたが欠けもなく完璧な仕上がりでした。
今回の諸々の反省点をふまえて、次回作で完成させたいと思います。
c0065363_2385616.jpg

[PR]
by turning_wood | 2012-01-21 23:36 | 日々の木工 | Comments(0)
今年も宜しくお願い致します。
正月休みはのんびりと独楽作り。
明るい一年になればと思い、カラフル系に振ってみました。
c0065363_22253959.jpg

[PR]
by turning_wood | 2012-01-03 23:15 | 日々の木工 | Comments(0)
Woodburning
c0065363_2393244.jpg10日ほど前にAmazonに注文しておいたウッドバーニングの本が届いた。
数年前にDetail Master Excalibreを入手して色々試してきたが、絵心がないというかセンスがないというか、一言で言えば活用できてない訳で、何かきっかけをと思い買ってみた。

バーニング関係の洋書はこれで2冊目。4年前にGreat Book of Woodburningという本を買ったが、あまり活用することはなかった。性懲りにもなくまた買ってみたが、今回はDecorationやTexture関係のことが書いてあり、内容的には参考にはなりそうである。
[PR]
by turning_wood | 2011-11-29 23:29 | 日々の木工 | Comments(0)
スピンドルガウジ
先日、木工旋盤同好会を訪問したとき、女性ウッドターナーCindy Drozdaさんデザインのスピンドルガウジを見せていただきました。実物はYoutubeの映像で見ることができますが、10mmのスピンドルガウジで先端は比較的鋭く、両サイドを落としてスキューみたいに使えるようにしたのが特徴とのことです。

フリーハンドでの砥ぎ方はこちら。後半部分です。

スピンドルガウジの使い方はこちら

スキューとデテイルガウジの用途をミックスしたようなツールで、スピンドルワーク全般に使えそうな印象です。

早速、形を忘れないうちに手持ちのスピンドルガウジを用いて成形してみました。フリーハンドでゴニョゴニョしてなんとか似た形にしましたが、砥ぐたびに切れたり切れなかったりで、いまいち上手くいきません。もともとフリーハンドでの砥ぎが下手なので仕方ありません。

それではということで、OnewayのVari-Grind Jigで似た形にできなか色々設定をいじくってみました。
その結果、
  先端の長さ : 50mm
  足の角度 : 一番下
  切れ刃角度 : 40度
の条件で成形し、ヒール部分を適当にフリーハンドで落とすことで一番近い形が出来上がりました。背中からの写真で両サイドがごっそり削り落とされているのがわかると思います。ヒールはもう少し落としてもよさそうです。
c0065363_23382865.jpg

遊んでるスピンドルガウジがある方は試してみては如何ですか。
サイドを使って切削したときの切削面の仕上がりは抜群です。
[PR]
by turning_wood | 2011-11-07 00:00 | 日々の木工 | Comments(0)