カテゴリ:日々の木工( 66 )
ファインクリスタルウッド
半年ほど前にテックさんから分けていただいたガラスコーティング剤「ファインクリスタルウッド」ですが、遅まきながらこの度初めて食器に使ってみましたのでその感想を記しておきます。

塗布方法ですが、水のようなしゃびしゃびの状態だったので、
1.スポイドで液を適量滴下して全体を適当に濡らす。
2.暫く放置し、ティシュペーパー等で拭き取る。
3.一昼夜放置して乾燥。
で実施しました。

4回ほど繰り返し塗布した状況ですが、乾燥後の状態は濡れ色にならず、私が今まで使ってきたガラスコート剤と状況が違いました。見た目では塗料を塗布しているのかどうか解らない程の仕上がりでしたが、試しに水を掛けてみると撥水効果は認められました。

次に、塗料自身が乾固してガラス質の固形物に変化するのかどうかを確認するために、小さな容器に塗料を少し入れ数日間放置してみましたが、液が揮発するだけで乾固することはありませんでした。ちなみに、今まで使ってきたガラスコート剤を同様に放置するとガラス質の透明な固形物になります。

以上のことから推測すると、この塗料の特徴は、塗料自身は塗膜を形成せず、木の繊維一本一本の表面に吸着して撥水等の効果を発揮しているものと思われます。1、2回の塗布で木の繊維が覆われてしまえば、余分の塗料は気化するだけと思われ、必要以上繰り返し塗布しても塗膜は厚くならず、重ね塗りは無意味と考えられます。

結論としては、水などがかかったときの汚れ防止には効果的だが、長時間液物を入れる容器には適さないという印象です。

とはいえ、この塗料が全く使えないという訳でなく、濡れ色にならず防汚効果があるということから、今まで濡れ色になるのが嫌で無塗装で仕上げていた作品に使える利点があります。
また、木の繊維への吸着性が良さそうなことから、今使っているガラスコート剤の下塗りとして使えば、塗膜の耐久性改善に期待が持てます。
特に樹脂分が多い樹種だとすぐ剥離していたので、その改善方法として非常に有効かもしれません。
[PR]
by turning_wood | 2011-11-01 22:45 | 日々の木工 | Comments(2)
久々の遠征
土曜日、知人と3人でオフコーポレーションの工房スタイルに行って来ました。ウッドターニングをメインとした催し物開催中ということもあって、顔見知りの方もちらほらと・・・。
初披露の新型旋盤も見て触って廻してきました。大型旋盤にある機能をすべて取り込んだてんこ盛り中型旋盤といった印象です。正面から器を挽けるのがいいですね。
c0065363_20391812.jpg

帰路、浜松の木工旋盤同好会に寄って新しい情報を収集。
盛りだくさんの一日でしたが、往復450kmの長旅、疲れました。
[PR]
by turning_wood | 2011-10-24 20:51 | 日々の木工 | Comments(2)
故障の前触れ?
最近、旋盤の電気系の動きがおかしい。
突然動かなくなり、メインスイッチを入れなおして復旧させることがしばしば。全く負荷をかけてない状態で起きているのでインバーターのトリップとは違う感じだが、電気のことはよくわからない。
ノートPCも、故障する1週間前くらいから原因不明の液晶のブラックアウトが何度かあり電源再投入で復活していたが、そのうち電源が入らなくなった。

旋盤の不穏な動き、故障の前兆だろうか、嫌な感じだな・・・・。
[PR]
by turning_wood | 2011-10-04 23:43 | 日々の木工 | Comments(2)
ウッドターニング受難の季節到来
暑いですね。これから9月上旬までは工房での作業が億劫になります。
そんな中、今日は蓋を独楽に仕立てたボックスを作ってみました。
エリさんがデモで良く作ってしましたね。
c0065363_232558.jpg

樹種:楠(左)、メープル(右)
メープルのほうは、まだこれから少し手を加えます。
窓開放じゃないと出来ないので次の休日の昼間の作業になります。

もちろん裏返せば独楽台にもなります。
c0065363_2322486.jpg

[PR]
by turning_wood | 2011-07-03 23:05 | 日々の木工 | Comments(2)
久々に晴れた休日でした
今日は宿題のペンスタンド、ペンスタンド用ペン、ボウル、そして独楽など、細々と色々作った一日でした。独楽はニンジン、ダイコンペンとともにバザー用に寄付するためのものですが、個別にワックス仕上げでなく、ペン同様まとめてアクリルスプレーを吹きかけて簡単に仕上げました。ブラッシュペンの色は水では簡単に滲むが、アクリル樹脂の溶剤では滲まないようですね。明日も続けて作る予定です。
c0065363_231878.jpg

[PR]
by turning_wood | 2011-06-04 23:37 | 日々の木工 | Comments(2)
ブラックストーンシリコン
最近、シャープニングに湿式グラインダーを主に使っているのですが、標準砥石ではM2やトンプソンは問題なく砥げてもASP材のツールが思うように砥げてない(ツールの切れが悪い)ので砥石を交換しました。交換にあたって、 ダイヤモンドホイールとトルメックのブラックストーンのどちらにするか悩みましたが、あえて日本語の情報が少ないブラックストーンを選んでみました。

以前、この砥石は海外の評判は良くないと言う話を伺ったことがありましたが、購入目的であるASP材を砥ぐという点では、2週間ほど使ってみた限りでは難なく砥げているので標準砥石の不満を解消してくれてます。

*標準砥石 : グリズリー付属の砥石のことです(トルメック付属のではありません)
c0065363_237745.jpg

[PR]
by turning_wood | 2011-05-22 23:42 | 日々の木工 | Comments(0)
真空ポンプの清掃
バキュームチャックで使っている真空ポンプのフィルターを点検しました。
通常は目に見えないところに置いているのでついつい忘れがちですが、たまに点検してやるといつもフィルターには粉塵が積層状態。
バキュームチャックはあまり使ってないんですけどね。
c0065363_21357.jpg

今回はフィルター交換せず、エアーで吹き飛ばして元に戻しました。
[PR]
by turning_wood | 2011-05-11 21:04 | 日々の木工 | Comments(0)
休日の作業
休日はクリップを全部装着しようと思っていたのですが、外出する用時があり結局1本も仕上げることが出来ず、切り出したクリップの幾つかをサンダーで成形して終わり。今週末の宿題です。

c0065363_23231224.jpgそれと先日購入したRobustの4インチ幅ミニツールレストですが、やはり前回指摘していた部分が引っ掛って使いにくかったのでごっそり削り落としました。
   写真では解りにくいですね。製品の写真はこれ⇒
c0065363_2383455.jpg

随分使いやすくなりましたが、私としては長年使ってきたOneway純正のツールレストがやっぱり一番具合がいいです。のり面がフラットなのが特に良い。今にして思えば純正を買って両端を切断して使うのが一番良かったかもしれません。
[PR]
by turning_wood | 2011-02-21 23:19 | 日々の木工 | Comments(0)
ガラスケース
c0065363_2351057.jpg埃を避けて作品を並べておくために、中古のガラスケースを買いました。そこまで大きなものではないので、中はすし詰め状態です。ガラス越しだと実物より見栄えが良くなりますね。

物づくりのほうは、寒くて工房に向かう気が起きず休業状態です。
依頼品の納期が延び延びなので寒くてなんて言ってられませんが・・・・。
[PR]
by turning_wood | 2011-02-08 23:10 | 日々の木工 | Comments(0)
ツールレスト
Robustの4インチツールレストを入手しました。
手持ちの最小サイズはこれまでOneway純正の6インチで、小径の小物を加工する際に回転センターを併用するとツールレストを木地に近づけることが出来ませんでしたが、4インチだと大抵の場合近づくことができるようになります。

RobustのツールレストはStandardと小ぶりなLow Profileの2種類のサイズがあり、私の旋盤は大型サイズではないので、Low Profileを選択。Standard の実物を見たときはでかいと思いましたが、Low Profileの実物は4インチということと相まって小さく可愛いツールレストでした。

独特の形状をしていますが、この形状が使いやすいかどうかは使ってみないと何とも言えません。見た目ではその形状ゆえにポスト上部手前が出っ張った感じになっているのが気になります。
c0065363_085720.jpg

[PR]
by turning_wood | 2011-01-12 23:54 | 日々の木工 | Comments(0)