カテゴリ:日々の木工( 67 )
ボックス作品制作
c0065363_22583678.jpgエアタービンで加工しても入れ物としての実用性は維持したいと思い、二重底のボックスにしてみました(全体の写真はいつもの通りWorksに掲載)。
前回はケヤキ、今回はローズウッド(紫檀系)に加工しましたが、この加工もテクスチャ加工等と同様に緻密な木質のほうが合うようです。次は、カエデ、桜あたりで試してみましょう。
[PR]
by turning_wood | 2009-08-18 23:34 | 日々の木工 | Comments(0)
エアタービン試削
c0065363_2335389.jpgエアタービン用ビットは手持ちに9種類あるが、それぞれどういう切削に適しているか、どういう使い方すれば綺麗に削れるかなど、色々試しつつ一品作ってみた。
しかしなかなか思うようにいきませんね。最初は丁寧にやっていても段々雑になってくる。これは性格の問題か(苦笑)。
一応今回の試削で、くり抜いたあと仕上げ削りが必要なこともわかってきました。また、こういう加工に使いやすいビットは大体掴めたので近々まとめ買いしておこうと思います(結構ビットに負荷が掛かってます)。
作品とはいえない程の中途半端な出来上がりですが、全体像はWorksに掲載ました。下半分は少し木地が厚かったのでくり抜きは中ほどで止めました。中ぐりもまだまだ・・・・。

木地作り、カービングともまだまだ練習が必要です。
[PR]
by turning_wood | 2009-08-09 23:27 | 日々の木工 | Comments(0)
収納ボックス
午前中は、先週の埼玉行き前の作業で散らかし放題だった工房の片付け、すっきりしたところで午後からは、数日前にエアタービンの先端ビットが届きましたので各種装着して試し削りを行いました。
それにしても焦げますね~。特に細いビットを使った場合。仕方ないのでしょうか・・・といっても聞く人がいないので、自分で何とか良い方法を見つけたいと思います。
軸径1.6mmととても小さいビット(歯医者さんのものとほんと同じ大きさ)で失くしそうなので、小さなねじ切ボックスを作って収納することにしました。
c0065363_2323881.jpg

中央の黒いのは、ビットを装着するときの補助具。ビットを立てるところには番号が書いてあります。この番号はビットのカタログ番号で、しばらく全種類使ってみて、良く使いそうなものをまとめて購入する参考にしたいと思ってます。
[PR]
by turning_wood | 2009-07-11 23:44 | 日々の木工 | Comments(0)
エアタービン試運転
c0065363_22433874.jpg使用可能なカーバイトチップを用いてエアタービンの試運転を行ってみました。以前作った湯のみ(栃)で試してみたところ、話には聞いてましたがほんとレーザー加工のような感じで易々と切り抜くことができました。数万回転のハンドグラインダーで同様の加工を行ったときは削って穴を開けることしかできなかったのに比べ、細かい加工ができます。

切断面が焦げるのが難点ですが、期待通りの加工ができそうです。
穴空けてどうするの・・・と言われそうですが、そうは言わせないような作品を作りたいと思います。
[PR]
by turning_wood | 2009-07-07 22:55 | 日々の木工 | Comments(4)
今日の木工
昨日作ったホローイング作品は、口周りから割れが入ってきました。
只今、割れを隠すための色々な処置を施しております。
鑑賞に堪えるものが出来ましたら後日写真を掲載します。

材は薪の王様、樫(生)。割れやすいですね。
薪割りも気持ちよく割れてくれてスッとしますが・・・。

今日は、またボールペン作りに逆戻り。
少しずつ、改良を施してます。
[PR]
by turning_wood | 2009-05-31 23:53 | 日々の木工 | Comments(0)
薪割り
今日は汗だくになりながら薪割り。大した量ではないが、なまりきった体には良い運動でした。
c0065363_0132426.jpg

幾つか旋盤用に木取りし、薪割り終了後、花器を作り始めました。レーザーガイドを引っ張り出して深く中ぐり、久々にウッドターニングらしい切削を楽しみました。
c0065363_013338.jpg

[PR]
by turning_wood | 2009-05-30 11:36 | 日々の木工 | Comments(0)
今日の木工
今日は一日中裏山からの吹き下ろしが強かった。こういう日は吹き下ろしがもろに当たるロフトの私の部屋は、どこからともなくすきま風が入ってスースーする。ログハウスの弱点です。屋根もミシミシ言ってる(苦笑)。
木工のほうはというと、島黄楊を小さく刻んで、ちまちま1本ずつ旋盤で加工中。同じ作業は根気が必要です(苦手)。まだまだ明日の振休も作業が続きます。
c0065363_2344572.jpg

[PR]
by turning_wood | 2009-02-01 23:50 | 日々の木工 | Comments(0)