<   2005年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
更新情報
似たりよったりのBOXですが、2作品、ギャラリーに追加しました。
[PR]
by turning_wood | 2005-10-27 22:55 | Comments(0)
そろそろ薪ストーブのシーズン到来
そろそろ薪ストーブのシーズンですね(^-^)。
この週末は寒くて、ご近所の薪ストーブユーザー宅では煙突から煙が出てましたが我が家は、まだじっと我慢でした。炉内の部品を交換しないと焚けないのです。

薪ストーブを焚き始めると我が家では冬恒例の寝床の移動がはじまります。
通常、私は2階の自分の部屋で一人で寝起きしており、他の家族は1階の和室で寝てますが、ストーブを焚き始めると、2階が暖かいので家族は2階に移り住んできます。2階といっても、我が家の2階は、6畳程度の私の部屋と20畳弱のロフトですから、寝室と呼べる部屋はないため家族はそのロフト空間に雑魚寝してます(笑)。
このロフト空間は、ストーブがその真下に設置してあるので、床暖房効果と暖気がロフト全体を覆うため、ものすごく暖かいのです。真冬は24時間運転なのでなおさらです。

ちなみに夏はこの逆で、2階は熱がこもって滅茶苦茶暑いので、私が1階に降りていってます。
[PR]
by turning_wood | 2005-10-24 22:42 | Comments(0)
漆の生涯学習講座
22日、23日と漆の生涯学習講座(於:岐阜県立森林文化アカデミー)に参加してきました。
漆塗りに関しては、拭き漆を本を読んで嗜む程度でしたが、今回実習を受けて、色々質問して、
今まで文章だけではよく解らなかったところが理解できた気がしてます。耳と大事な部分を腫らしてから少し遠のいてた漆塗り、少し前向きに楽しめそうなので、とりあえず我が家の食卓に並ぶ木器に徐々に漆器(拭き漆程度ですが)も加えていきましょうかね。

参加された方々は年齢も様々で、時間があれば漆塗りを学びたいという背景を色々お聞きしたかったです。途中、木の浴槽を漆塗りしたというお話があって、我が家も木の風呂で非常に興味がありましたが、さすがに浴槽に塗るには抵抗があります(笑)。ただ、カビが生えにくいとのことのなのでスノコに塗るにはなかなか面白いかもしれない・・・・・、試してみたいですね。
今回お知り合いになることができた方々、旋盤で木地から作りたいということであればお気軽にお越し頂けたらと思います。
[PR]
by turning_wood | 2005-10-23 22:04 | Comments(0)
漆の講習会
c0065363_22594177.jpg先日申し込んだ漆の講習会ですが、締め切り日過ぎたのにメールで返事が来ないなと思ってたら封書で案内が届きました。岐阜の森林アカデミーに行くのはちょうど2年ぶりです。前回は、美濃和紙あかりアート展のときにあわせて実施されたウッドターニングの集まりでしたが、夜皆で出かけて綺麗な灯りの数々を見物したのが懐かしく思い出されます。
そういえば、その時集まった方々、どうされてるのでしょう・・・
その後何人かの方とは交流がありますが、その他の方はお名前もお顔も忘れてしまいました。

写真は2年前の集まりの様子です。懐かしいです。

====更新情報====
ギャラリーに作品を2点追加しました。
[PR]
by turning_wood | 2005-10-17 23:02 | Comments(0)
スパムメール
最近、スパムメールがいやになるほど多い。
しかも現在公開してあるメールアドレスに対しては1通も来ないのに、1年位前から非公開にしてるメールアドレスに対してばかり。
どっかでリストに載ってしまったかな?

メールサーバー上でスパムカットフィルターが使えるので、半数はこれで除去できているが、パスしてくる残りはメールソフトでワード検索やドメイン拒否をしてゴミ箱に直通するよう設定している。それでも拾いきれないメールは、本文の中身を見て検索ワードを追加するのだが、これまでに追加したワードを見てみるとホント情けなくなってしまう(^_^;)。
でも、たまに必要なメールがスパムカットに引っかかったり、ゴミ箱へ直通になったりするから、結局一応件名に目を通さないといけないから役に立ってるのかどうか解らない。

メールアドレスを変更すればいいのだが、事情により変更したくない。
困った困った・・・
[PR]
by turning_wood | 2005-10-08 01:18 | Comments(0)
久々に・・・
c0065363_2034448.jpg木材を買いました(置き場所満杯だというのに・・・)。樫の大盤とちょっと小振りの胡桃の厚板。樫は、長さ2200mm、幅600mm、厚さ50mm程で滅茶苦茶重かった。
本来なら立派な天板になるべく製材されたのだろうが、私の所に来た以上、小さく切り刻んでお皿や小鉢になるのだから少し可哀想かもしれない。さらに7割以上ゴミになるし・・・(苦笑)。
樫は堅いので切削しにくいように感じるけど、旋盤では適度な堅さがある木のほうが切削しやすい。一方、胡桃のような若干パサつき気味の木の方が綺麗に挽くにはそれなりに難しかったりする(ペーパーがけは楽だが)。

樫は木肌は白っぽくても、塗装するとそのままの色だったりオレンジっぽくなったり、灰色がかったりと色が変化し、それが適当にミックスされる場合があって面白い。この木は色の変化が出るかどうか解りませんが、楽しみです。

===HP更新情報===
ギャラリーコーナーに作品を2点追加しましました。
[PR]
by turning_wood | 2005-10-03 20:39 | Comments(0)