<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
今日のウッドターニング
小皿を8枚作った。
17cm角の胡桃の四角い平らな皿で、丸いアクセントとテクスチャを少々。
平らな皿なので削る量が少ないせいか、短時間でサクサク出来てしまった。
完全な正方形から作ったのではないのでそれぞれ微妙に形が違うが、それはそれで味があって良い感じです。

4枚は早く家で使いたいという要望があり手っ取り早いガラスコート処理、あとの4枚は漆で仕上げようと思ってる。午後に丁度、先日頼んでおいた数種類の漆が届いた(かぶれない漆ではないが・・・)ので、とりあえず端材で何パターンか試し塗りして良さそうなのを選んで塗ってみるつもり。

明日は早朝から松本クラフト行き。雨模様だけど土砂降りだけは勘弁して欲しい。
道中、何箇所かで同行者を拾っていかないといけないので、朝寝坊しないように時間通り早起きしないといけません。
[PR]
by turning_wood | 2006-05-27 22:59 | Comments(0)
新しい漆
最近ちょっと耳たぶが痒いのだけど、この痒さは漆かぶれの時と似ている。言葉で表せば熱痒い感じ。心当たりはある。先日、生漆塗って2日くらい経ってから乾いただろうと器を触ったらまだ湿っている感覚があった。生漆が古かったせいだろう。その後、まあいいかとそのまま手を洗わずにあちこち触ってたような記憶がある。
以前、かぶれにくい漆というを紹介したことがあるけど、ここで注文しても商品は別の会社から直接送られてくる(ちなみに上記生漆はかぶれにくい・・・のものではありません)。そこで製造元のHPを探して見てみると、まだまだ色々と面白そうな漆があるじゃないですか。かぶれにくい漆には、精製漆だけでなく生漆もあるし、早く乾く漆なんてのもある。試してみたいものがまた増えました。
[PR]
by turning_wood | 2006-05-19 22:47 | Comments(0)
子供はレンゲと言ったが・・・
c0065363_22561652.jpg昨日は3ヶ月ぶりに月例会に参加してきました。皆さん思い思いにウッドターニングを楽しまれており、いつもながら楽しい一日でした。
 私は自分の旋盤では挽けない直径36cmくらいのお盆を作りました。定番の形に仕上げました。2年位前に頂いた荒削り状態の木地で、自分の旋盤では挽けないサイズだったのでずっと放置していたものでしたが、このたび作品として完成させることが出来良かったです。
 一番の収穫は、長野県のTさんにEscoulen chuck を使ったスプーンのようにも見え、取って付きボウルのようにも見える偏芯作品の作り方を教えていただいたこと。12月にチャックを購入してから幾つか作品は作ってみましたが、いまいち使いあぐねてたところで良い情報を教えていただきました。
 早速本日、その教えを忘れないうちに作ってみました。取っ手のような出っ張りがブンブン廻っているその狭い中をくりぬくのはスリルがありました。最後は昨日見せていただいた実物とは違って、底面に小さな高台を残してみました。それにしても、4寸角の角材からロスなく作ったのに出来上がりはすごく小さい。随分と木を無駄に使う作品です(苦笑)。
今回はお試しということでベイヒバを使いましたが、今度は良い木で作ってみましょう。
[PR]
by turning_wood | 2006-05-14 23:06 | Comments(0)
更新情報の案内
ずいぶんと日記をサボってますね。
TOOLSのページに1年ほど前から使っているバキュームチャックについて記載しました。
[PR]
by turning_wood | 2006-05-12 00:00 | Comments(2)