<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ボウル色々
c0065363_042253.jpgお雑煮用のお碗を作ってます。汁椀サイズより二周りくらい大きめです。4個作る予定でしたが、1個は節が予想以上に深くボツになりました。この材は塩地ですが、もう無いのでそのうち別材でつくります。

さて、似合うかどうかは別にして色々遊んで見ました。家族に「どれがいい?」って聞いたら、それぞれ意見が違いました。好みは千差万別ですね。これからガラス質塗料塗ればなんとか間に合いそうです。
[PR]
by turning_wood | 2008-12-21 23:53 | 木の器 | Comments(2)
新着材
c0065363_02276.jpg島黄楊を手に入れました。がんばって2本も。久々の材木購入でした。
こんな角材ごときに・・・しかも趣味で・・・と言われるのが関の山なので金額は口にしてません。幸い聞こうともしませんが(苦笑)。
それにしても遠目から見ると製材したての米ヒバそっくりだ。間違えて薪にされないよう、保管場所には十分注意しないと(笑)。
約45mm角、1m。
[PR]
by turning_wood | 2008-12-12 00:17 | 材木 | Comments(2)
↓の茶筒の続き・・・・
再度茶筒を作製しました。写真をGalleryのページに掲載しました。
今度は桑で、また同じようなテクスチャを施しました(ちなみに先日のはウォールナット)。
先月荒削りして仕込んだ材料は、2/3の確率で完成品となりました。

茶筒が出来上がった時、蓋が空気を排出しながら自重でゆっくり落ちていく様子を眺めるのは、毎度のことながら自己満足に浸れる瞬間です。
皆さん独自のコツがあると思いますが、私の場合は蓋の内壁を垂直に(平行に)作ることに腐心してます。いつも手前と奥の内径差が0.2mm以内を目指します。これが出来れば身のほうは先端方向を若干テーパー(直径で約1mm弱小さく)に仕上げれば大抵上手く出来上がります。もちろん、完成後に木が狂わないよう下ごしらえしておくことも重要ですが。
[PR]
by turning_wood | 2008-12-01 22:40 | ボックス | Comments(2)