<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
拭き漆・・・続き
拭き漆4回目、写真は楢のボウルの現況ですが、すっかりマグロになってしまいました。楢特有のトラフも少々見えます。しつこく塗り重ねず、あと1,2回で終わろうと思ってます。

漆を塗るといつも思うのですが、木地仕上げの良し悪しが一目瞭然、誤魔化せません。欠点が見つかると途中で捨ててしまいたくなるのですが、自家用だから・・・と自分に言い聞かせながら塗り重ねてます。
c0065363_22253574.jpg

[PR]
by turning_wood | 2010-05-27 22:28 | 日々の木工 | Comments(2)
久々にHP更新
2005年のページを追加しました。
掲載する写真をどれにするか色々見てみましたが、相変わらず小物、蓋物が多いですね。

この年の一番の出来事は、木旋公募というウッドターニング作品公募展が初めて開催されたことでしょう。私も出品させていただきましたがとても楽しい催しでした。
諸般の事情で一回限りの開催でしたが、また開催されたらいいですね。色々な作品を直に見て触れる機会はなかなかありませんから。
ウッドターニングの裾野はここ数年でずいぶん広がってるはずなので、当時より沢山作品が集りそうな気がします。
[PR]
by turning_wood | 2010-05-24 23:34 | その他 | Comments(3)
久々の拭き漆
c0065363_2240224.jpg今日からどんぶりと以前作った楢のボウルに漆を塗りはじめました。
木地に水で薄めた木酢酸鉄を刷毛で塗布して乾かした後、生漆を十分吸わせ、丁寧に拭き上げて本日は終了。

染料を使わず木酢酸鉄だけを直接木地に塗ったのは初めてでしたが、木が持つ色素と反応したためか、これだけで思った以上に黒くなりました。黒いといっても真っ黒でなく、どちらかというと神代物に近い色でした。樹種によって色合いが異なり、楢は灰色っぽい黒、タモは緑っぽい黒になりました(表現が難しいですね)。わざわざ漆を塗らなくても、軽く水拭きしてガラス塗料を塗っても良い仕上がりになったかもしれません。

それにしてもタモのどんぶりは随分と漆を吸ってくれました。
[PR]
by turning_wood | 2010-05-22 22:19 | 日々の木工 | Comments(2)
昨晩に続き・・・
今晩は内側を切削。
c0065363_239392.jpg

最後に高台を加工して「どんぶり」試作品を挽き終えました。高台がないと片手で持ち難いですから。

さて、何を塗りましょうか・・・。

直径190mm、高さ80mm。
重量は180g。水1カップと同じ重さ。
[PR]
by turning_wood | 2010-05-19 23:26 | 日々の木工 | Comments(2)
今晩は久々に
夜旋盤を廻しました。
作り始めたものは「どんぶり」。もちろん自家用です。
最終的には人数分作りますが、とりあえず1個作って大きさを確認します。

使った材はタモですが、突板用の残材のせいか木理が素直で柔らかく削りやすい。木取りは板目。この材質だと多少厚めに仕上げないと、縁周りがちょっとしたことで割れてしまうかもしれません。
今日はとりあえず外周のみ仕上げ。
c0065363_2312065.jpg

[PR]
by turning_wood | 2010-05-18 23:31 | 日々の木工 | Comments(0)
コーヒー豆入れ
コーヒー豆を入れるために作りましたが、可愛い系のボックスになってしまいました(実物はそれほどでもありませんが)。たぶん赤の水玉模様に見える蓋が原因かと・・・。黒系にしたほうが良かったかもしれません。そのうち適当な端材が出たら作り変えてみます。
先ほど生豆を焙煎してみたら約150gほど入りましたが、焙煎は100g単位で実施しているのでちょっと中途半端な大きさでした。
c0065363_23395230.jpg

直径約100mm、高さは120mm程。
ケヤキ、ブビンガ(みたいな木)。

kentさんのリクエストに応えて蓋のアップを。
燃料用に頂いた端材の中から拾ってきました。
c0065363_2325358.jpg

[PR]
by turning_wood | 2010-05-03 23:49 | ボックス | Comments(6)