<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
新作ペン
太めのボールペンを作ってみました。金具レスペンを作り始めた頃にも似たような形状のものを作りましたが、当時のものより太めでグリップ部から末端にかけて緩やかなカーブでテーパーになっているのが特徴です。メインの木軸が太くて長めなので、樹種それぞれの質感が非常に良く出ていると思います。
c0065363_2216164.jpg

ツイストメカを使用しているので、クリップ部分を廻すとペン芯が出ます。
長さ:約130mm、太さ:約13mm(グリップ部分が最大)
左から
 ・グラナディロ+黒檀
 ・オリーブウッド+黒檀
 ・黒柿+柿
 ・花梨+メープル
[PR]
by turning_wood | 2010-11-28 22:32 | 木製ボールペン | Comments(5)
茶筒 その8
今回の流れの中で、2種類作りました。外観はプレーンと縦ストライプ入り。
c0065363_2361176.jpg

蓋のかみ合わせ具合は、今回のは蓋の重みで自然に落ちることはありません。蓋だけ持っても、逆さまにしても蓋は外れず、胴を持った状態で蓋を外そうとするとすっと抜ける。こんな感じです。

仕上げは、セラリカコーティングピュアを塗布(ただし中は無塗装)。
数年前からオイルベースの仕上げはこれを常用してます。

材は、エンジュ(左:色が薄いですがエンジュです)と桑(右)です。
高さ:約115mm、径:約75mm
[PR]
by turning_wood | 2010-11-23 23:15 | 茶筒 | Comments(0)
茶筒 その7
中蓋用の木地をチャックでつかみ、内側になる面を平面に仕上げ、現物合わせで外径を茶筒内径に合わせます。次に、つまみ側を加工します。掴み方は色々ありますが、今回は端材を写真のように加工し、木地をはめ込む方法で行いました。中心に穴をあけておくと、加工後木地が外れにくいとき役立ちます。
c0065363_22381168.jpg

つまみを加工して出来上がり。
c0065363_2238307.jpg

使用したツール
 3/8" Spindle Gouge(形状違いで2種類)

つづく・・・
[PR]
by turning_wood | 2010-11-21 22:42 | 茶筒 | Comments(0)
茶筒 その6
内側の仕上げが完了したら、外底を仕上げます。
まず、適当な位置でパーティングツールを用いて切り離します。掴みしろ側は中蓋に使うため捨てないように。

底を仕上げるために掴み直しをおこないます。方法は色々ありますが、今回は適当な角材(針葉樹の柔らかい材が良い)を写真(下左)のように加工し、これに茶筒を嵌め込んで固定する方法を用いました。
c0065363_22174139.jpg

茶筒を挿入してしっかり固定できていることを確認し、回転センターを併用しつつ切削して綺麗に仕上げます。
c0065363_2218224.jpg

使用したツール
 3/8" Spindle Gouge
 Shear Scraper
 Parting Tool

つづく・・・
[PR]
by turning_wood | 2010-11-18 22:27 | 茶筒 | Comments(0)
茶筒 その5
最後の難関。中ぐりです。
花器、壷のようにクローズドなホローイングに比べて茶筒の内側は丸見えなので、奥底まで綺麗に仕上げておきたいところです。筒壁を薄く均一に、そして底はフラットに。深くなればなるほど使えるツールが限定されるので難しくなります。
c0065363_2230399.jpg

写真のくり抜きは、径約70mm、深さ約100mm。
 (撮り忘れの為、今回から別の茶筒の写真になります。)

使ったツール
 ・1/2" Spindle Gouge
 ・Termite
 ・Berger Tool
 ・3/4" Scraper(サイドカット、入り隅用に改良)

続く・・・
[PR]
by turning_wood | 2010-11-15 22:46 | 茶筒 | Comments(0)
茶筒 その4
身に蓋を取り付け、外観の成形を行います。

(成形前)
c0065363_9483998.jpg

まず胴回りを面一に仕上げ、その後、蓋と身は念のためマスキングテープで固定しておき、可能な限り回転センターを併用しつつトップを仕上げます。

(成形後)
c0065363_949959.jpg

使ったツール
 ・1/2" Spindle Gouge
 ・Shear Scraper(自家製)

つづく・・・
[PR]
by turning_wood | 2010-11-12 10:00 | 茶筒 | Comments(2)
茶筒 その3
身になる部分をチャックに取り付け、木口面を整え、噛み合わせ部位を加工します。

立ち上がりは蓋の深さマイナス1~2mmほどにしてます。
径は現物合わせですが、内側も削って仕上げに近い厚さにしておいて噛み合わせを調整すると精度が上がります。
加工ツールは、スキュー、ビーダン、パーティングツールなどが使えると思いますが、私はパーティングツールで加工してます。綺麗な仕上がりと微妙な寸法出しが要求されるので、加工前に刃物は必ず良く砥いでおきます。
c0065363_20585549.jpg

使ったツール
 ・1/8" Parting Tool
 ・Spindle Gouge(木口面)

つづく・・・
[PR]
by turning_wood | 2010-11-08 21:08 | 茶筒 | Comments(0)
茶筒 その2
およそ3ヶ月前に荒ぐりしておいた木地を使って茶筒を作りました。

まずは蓋内側の中ぐりから。
壁は垂直に、底は平らに加工します。
壁厚は後ほど外側の仕上げ削りをすることを考慮した厚みにします。

私は小さなデプスゲージを利用して垂直に掘下げていることを確認してます。
c0065363_23482483.jpg

使ったツール
 ・1/2" Spindle Gouge
 ・3/4" Scraper(サイドカット、入り隅用に改良)
 ・Berger Tool

つづく・・・・
[PR]
by turning_wood | 2010-11-03 23:56 | 茶筒 | Comments(0)