<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
新着ツール
モンロー・ハイブリッドを入手しました。
モンローホロワーには標準サイズ、ミニサイズの2種類のヘッドがあり、それぞれ5/8インチ、1/2インチのシャフトに装着されているのですが、今回入手したハイブリッドとは、5/8インチのシャフトにミニサイズのヘッドを組み合わせたツールになります。モンローホロワーは切削量を調節できるというのが特徴ですが、刃を真上に向けて使うので木地の回転力を正面から受け止めることになります。安定した切削をするにはできるだけ太いシャフトを選択したほうが良いのでミニサイズヘッドでもシャフトが太いハイブリッドを選びました。
c0065363_15402630.jpg
10年ほど前に購入した標準サイズ(旧型、下)とハイブリッド(上)です。同時に比べてみると随分ヘッドの大きさが違います。標準サイズのヘッドが少し大きすぎるというのがハイブリッド購入のきっかけでしたが、実物はなかなか良さそうな感じです。

今回、標準ヘッド用とミニヘッド用のカーバイトの刃も購入したので、HSSに比べてどれくらい切れ味が違うか比べてみたいと思います。

別アングルから一枚。
c0065363_15405368.jpg
このアングルから見るとヘビみたいですね。
[PR]
by turning_wood | 2011-12-23 15:48 | ツール | Comments(3)
レギュラーサイズのコーヒーカップ2
レギュラーサイズのコーヒーカップが一組出来上がりました。黒い液体を入れるのでカップは明るいほうが良いと思い、ガラス塗料との相性が比較的良くて手頃なブロック材が多くあったタモを使いました。
ご存知の通りタモは導管が粗いので、何度もガラス塗料を塗っては拭き取りを繰り返してほぼ完全に埋めてやりました。タモは独特の匂いがあるので、「匂いは1ヶ月くらい我慢して使えば取れてきますよ(経験談)」と言って差し上げてもいいのですが、最初から気持ちよく使ってもらいたいのと急ぎではないので、ある程度匂いを軽減してからお渡します。
ということで、現在、熱湯を入れては捨ててを繰り返して匂い取りを行ってます。
c0065363_2233334.jpg

容量 200mL@すりきり一杯
[PR]
by turning_wood | 2011-12-13 22:50 | 木の器 | Comments(0)
栃のボウル2
予定数の栃のボウルが出来上がりました。最近は週0.5日程度の作業時間のため、超スロー作業です。

今回はいつもより厚めのフォルムにしました。別に理由があるわけでなく、ただなんとなく。こういう形を作ろうと頭に描いて挽いていっても、徐々にこの木にはこういう形の方が似合いそうだなと変化していくことがありませんか?

白い木肌に少しスポルトが入った優しい感じの器になりました。スポルトの正体はカビだから、日常の食器として使うには漆でしっかりした塗装を施して封じ込めたいところですが、そうすると今の質感は完全に消えてしまいます。
ガラス塗料じゃ頼りないし、栃とも相性が悪い・・・。
どうしましょう。
c0065363_12594614.jpg

直径約140mm、高さ約55mm
[PR]
by turning_wood | 2011-12-05 07:00 | 木の器 | Comments(2)