<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
エスプレッソ
最近エスプレッソがちょっとしたマイブームで、 自分で作ったデミダスカップにエスプレッソを淹れて飲むのが日課になっています。時間があるときは手動式マシンPRESSOで淹れて楽しむことも・・・。コツが掴めれば電気式より美味しく淹れれます。
木のカップは陶器製カップと違って予め暖めておかなくても抽出したエスプレッソが冷めてしまうことがありません。
c0065363_23122624.jpg

[PR]
by turning_wood | 2012-01-31 00:04 | エスプレッソ | Comments(1)
胡桃割り器の試作
ある方から海外製の胡桃割り器のコピーをを作って欲しいと頼まれまして、とりあえず試作してみました。いつもそうですが、初物は時間がかかります。今回はこれでも半日要しました。
胡桃をセットする部分の彫り込みは、実物はフォスナービットを使っているようですが、手持ちがないためターニングで彫り込みました。出来上がってみると彫り込みが少し甘かったようで、こういうところは作ってみないと解りません。
ねじ切りは旋盤用のねじ切り装置を使いましたが、主軸にカッターを取り付けているためネジ切り量に制限が生じます。Beallのネジ作製キットのように無限に切れればいいのですがそうもいかないので、できる範囲内でも問題ないように全体の形を考える必要があります。

懸案だったねじ加工時のねじ山の欠けですが、今回は山桜を使いましたが欠けもなく完璧な仕上がりでした。
今回の諸々の反省点をふまえて、次回作で完成させたいと思います。
c0065363_2385616.jpg

[PR]
by turning_wood | 2012-01-21 23:36 | 日々の木工 | Comments(0)
モンローホロワー用カーバイトカッター
 先日モンローハイブリッドを購入した際、カーバイトキットも併せて買いました。モンローホロワーは恐らく少数派のツールでしょうが、一応キットの内容を紹介しておきます。

 キットの内容は、カーバイト製カッター、取り付けネジ、トルクスレンチです。HSSとカーバイトでは刃の内側の形状が違うので、取り付けネジの共用はできないようです。従って最初はカッターのみではなくキットを買う必要があります。
 さて問題のカーバイト製カッターですが、パッケージを空けたらハンターツールのラベルが貼ってありました。他のツールと共用して頂けると入手が容易になって助かるとはいえ、ラベルくらい貼りかえればいいのにね。ちなみに標準ヘッドが#04、ミニヘッドが#02に相当するようです。

c0065363_2391125.jpg
【#04、#02の実物とツールに付属しているシャープニング治具】
それぞれ光沢があるほうがカーバイト。シャープニング治具は使用説明書が同梱されており、扱いはさほど難しくありません。HSS用だが、カーバイトも取り付けできそう(未確認)なのでダイヤモンド砥石を使えばカーバイトも再研磨できるかもしれません。

 最後にモンローハイブリッドを使った感想ですが、当たり前ですが普通にサクサク削れます。HSSもカーバイトも切れ味にあまり差は感じませんでした。標準ヘッドとの比較では、刃が小さい分ミニヘッドのほうがコントロールしやすいです。標準モンローとハイブリッド(又はミニ)どちらか1本ということになれば、用途にもよるけどまずは刃が小さいハイブリッド(又はミニ)がお勧め。
[PR]
by turning_wood | 2012-01-15 23:46 | ツール | Comments(0)
今年も宜しくお願い致します。
正月休みはのんびりと独楽作り。
明るい一年になればと思い、カラフル系に振ってみました。
c0065363_22253959.jpg

[PR]
by turning_wood | 2012-01-03 23:15 | 日々の木工 | Comments(0)