ベイヒバでお遊び
ベイヒバは無償で入手しやすいブロック材(4寸角程度)なので、ダメもとで色々試せる材として好んで使ってます。

木肌は綺麗だけど、何分平凡すぎ。というわけで表面をいじりたくなってきます。カービング、テクスチャ、バーニング等色々手法はあるけど、今はベタベタ色を着けて遊んでるのですが(着色と言うよりもペイントという感じですが)、これがなかなか難しく完成予想と現実のギャップを感じてます(苦笑)。

ただ、上記はインク(色素)を使った着色ですが、何となく自然のものには自然の色が合うような感じがしないでもありません。ちょっと自分好みでないというか違和感があるんです。そこで、今朝、着色という表現が正しいかどうかわかりませんが、柿渋を塗り重ねてみることにしました。
これは塗るだけなので簡単ですね~(^^ゞ。
塗ったら発色を良くするため天日干しし、これを何回か繰り返してみます。柿渋は今回で2回目で、前回はサンドブラスターを施した作品(タモ材)に何度も塗り重ねてみましたが、導管に入り込んだ粒子(鉄粉?)が上手く作用してか程良い色むらがでて非常に良い仕上がりになりました。。柿渋のことはよく知りませんが、混ぜもので色合いを変えることができるようなので、詳しい方が居られましたらご教授願いますm(__)m。

天然系といえば他にはそうですね~・・・、漆位しか思いつかないけど、確か針葉樹には向かない筈(黒ばかりだし)、う~ん、いっそのこと草木染めの液に入れて煮てやろうか(笑)。
でも色付くかな?
c0065363_1941710.jpg

*逆さだけど、壺ですよ~*
[PR]
# by turning_wood | 2005-04-06 19:40 | Comments(0)
更新情報
久々にギャラリーに作品を追加しました。上部に フレームが表示されてない場合は、右のMy Websiteからどうぞ。
[PR]
# by turning_wood | 2005-03-23 21:50
AAW入会
AAW いわゆるThe American Association of Woodturners にやっと入会手続きしました。 年会費は55ドルですが、年4回発刊されるWoodturning雑誌を定期購読すると思えば非常にお得です。
[PR]
# by turning_wood | 2005-03-22 23:08 | Comments(0)
ボールペン出来たけど・・・
今朝、会社に行く前にボールペンを組み立てました。
製作途中の部品を紹介したのだから、完成品も紹介・・・と思ってましたが、帰宅してみるとすでに手元にありませんでした。残念です。そろそろ手持ちのペンパーツが無くなってきたので、次はどのタイプにするかカタログ物色中。ペンはあまり作らないのですが、ちょっとしたプレゼント、お礼等に便利なのです。

最近見た通販カタログに黒柿のボールペンがありました。
その値段はさておき(結構いい値してました)、作品紹介の説明文によると、乾燥済みの板材を小さな角材に木取りしてさらに3年乾燥、中心に穴空けてさらに半年乾燥させて初めてペン用の木地になるのだとか。

私が作るペンは木取りから削りまで30分少々、1本にかける時間が随分違います(笑)
[PR]
# by turning_wood | 2005-03-16 23:02 | Comments(0)
久々に・・・
昨日の月例会でお会いしたTさんの影響でありませんが、久々にボールペンを作りました。4本分仕込んで、現在塗装を行い乾燥中です。木の手触りを残すために簡単にワックスやオイルで仕上げたのが一番好きですが、耐久性を考えると塗膜を作るタイプになってしまいます。
左から、神代けやき、けやき、花梨、ゼブラです。けやきは古いのと若いのを組み合わせて使います。
c0065363_084645.jpg

[PR]
# by turning_wood | 2005-03-13 23:50 | Comments(0)