栓の縮杢
昨日解体した木材に、細かい縮杢が入った栓のブロックがあった。
これは昨年末に近くの和太鼓屋に山のように積んであった端材(といっても直径1m以上ある原木からくり抜いたものだから半端な大きさじゃありません)の中から見つけたもの。
割れを避けながら木取りし、不要な部分は薪ストーブの焚き付け用として取っておくのだが、この栓は杢が良いのでペンブランク用として取っておく。

写真は、ペンブランク用にと思った木片だが、ある程度の大きさがあったので旋盤にセットし、割れを避けつつ、なんとか細長い花器(一輪挿し)に形をまとめてるところです。

**更新情報**
ギャラリーコーナーに作品を2点追加しました。

c0065363_21405075.jpg

[PR]
# by turning_wood | 2005-04-11 20:58 | Comments(2)
整理整頓
今日は材木の整理と解体。
ここ数日暖かくなり、木取りしたまま放っておいた材の木口から割れが入り始めました。木口からの割れは意外と深くなるので早めに手を打たないと捨てる部分が多くなり勿体ないことに・・・・。ということで片っ端からとにかくボンドをたっぷりと塗っておきました。
ついでに一枚板やブロック材も適当な大きさに切って、木口周りにこれまたボンドをたっぷりと。しばらく使わないので、各部材には今日の日付を書いておき養生です。
[PR]
# by turning_wood | 2005-04-10 23:42
夜のウッドターニング
今月になって夜の寒さが和らいできたこともあり、夜のウッドターニングを楽しむようになってきました。食事と風呂を終えた9時過ぎから始め、ボックスであれば1作品作り終えるのが大体11時~12時頃、それから母屋に帰って食卓に座って、最後の仕上げを終えて就寝というパターン。

今晩は久々にドングリのBOXでも作ってみよう。
[PR]
# by turning_wood | 2005-04-07 19:34 | Comments(0)
ベイヒバでお遊び
ベイヒバは無償で入手しやすいブロック材(4寸角程度)なので、ダメもとで色々試せる材として好んで使ってます。

木肌は綺麗だけど、何分平凡すぎ。というわけで表面をいじりたくなってきます。カービング、テクスチャ、バーニング等色々手法はあるけど、今はベタベタ色を着けて遊んでるのですが(着色と言うよりもペイントという感じですが)、これがなかなか難しく完成予想と現実のギャップを感じてます(苦笑)。

ただ、上記はインク(色素)を使った着色ですが、何となく自然のものには自然の色が合うような感じがしないでもありません。ちょっと自分好みでないというか違和感があるんです。そこで、今朝、着色という表現が正しいかどうかわかりませんが、柿渋を塗り重ねてみることにしました。
これは塗るだけなので簡単ですね~(^^ゞ。
塗ったら発色を良くするため天日干しし、これを何回か繰り返してみます。柿渋は今回で2回目で、前回はサンドブラスターを施した作品(タモ材)に何度も塗り重ねてみましたが、導管に入り込んだ粒子(鉄粉?)が上手く作用してか程良い色むらがでて非常に良い仕上がりになりました。。柿渋のことはよく知りませんが、混ぜもので色合いを変えることができるようなので、詳しい方が居られましたらご教授願いますm(__)m。

天然系といえば他にはそうですね~・・・、漆位しか思いつかないけど、確か針葉樹には向かない筈(黒ばかりだし)、う~ん、いっそのこと草木染めの液に入れて煮てやろうか(笑)。
でも色付くかな?
c0065363_1941710.jpg

*逆さだけど、壺ですよ~*
[PR]
# by turning_wood | 2005-04-06 19:40 | Comments(0)
更新情報
久々にギャラリーに作品を追加しました。上部に フレームが表示されてない場合は、右のMy Websiteからどうぞ。
[PR]
# by turning_wood | 2005-03-23 21:50