Oneway1224のベアリング交換(続き)
昨日に続いて・・・
とりあえずベアリングは外してみたものの、今度は新品のベアリングをどうやって挿入するか。初めての経験なのでよくわからない(苦笑)。
恐らく適当な補助具を用意して叩き込むのだと思うが、今回は正しい方法かどうかわからないがベアリングを外すときに使用したプーラーを利用して圧入することにした。
圧入に際して、ベアリングに均一に力が加わるようにしたほうが良いと思い、急遽もう一台の旋盤で部品を作成した。旋盤が2台あるとこういうとき役に立ちます。
c0065363_23084135.jpg
ベアリングを外すときは主軸のアウトボード側にプーラーを取り付けたが、今回はイン側に取り付けて締め上げた。
c0065363_23083671.jpg
4個のベアリングは難なく圧入することができ、主軸を元どおりに組み立てた。
c0065363_23083996.jpg
最後に旋盤に取り付けて作業完了。
今回の作業のためにベアリングプーラーを買ったが(安物ですが)、今後少なくとも10年は塩漬けだ(苦笑)。もし必要な方が居られましたらいつでも貸し出ししますのでお問い合わせくださいね。

さて、懸案だった振動だが、残念ながらベアリング交換の効果はなかった。
回転自体はスムーズになったが、依然として特定回転数での振動は残っている。
もう一度土台のレベルを調節してみることにする。






[PR]
by turning_wood | 2018-10-28 23:42 | 日々の木工 | Comments(2)
Commented at 2018-10-29 20:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by turning_wood at 2018-10-29 23:00
全域で振動が発生するならまだしも、特定の回転数だけなので厄介です。
もう一度設置から見直してみます。
位置変えたら治るかも・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 1224の振動 Oneway1224のベアリング交換 >>