2018年 02月 01日 ( 1 )
糸鋸
DREMELのMOTO-SAWという糸鋸を仕入れました。

糸鋸は軽量でコンパクトさのみが取り柄のPROXXONのコッピングソーを所有していますが、お世辞にも使い易い糸鋸ではありません。しかし、木製ペンのクリップの切り出しに使用するだけでは普段置き場に困る普通の糸鋸盤を買う気にはなれず、コッピングソーをずっと我慢して使ってきました。

最近、コンパクトな糸鋸がないかと物色していたらDREMELのMOTO-SAWという糸鋸が目にとまりました。
MOTO-SAWはコッピングソー同様おもちゃのような糸鋸に見えたため買い換えるのに少し躊躇しましたが、使わないときは分解してアタッシュケースに収納できるということに惹かれて買ってみました。

MOTO-SAWはクランプでテーブルなどに固定して使う糸鋸なので、我が工房で一番安定な固定台であろう旋盤のベッドに固定して使っていますが、振動が抑えられ非常に安定した状態で使うことができてます。
c0065363_23375521.jpg
手元照明が欲しくなったらクリップ式ランプをツールレストに取り付けて。




[PR]
by turning_wood | 2018-02-01 23:48 | 日々の木工 | Comments(0)