カテゴリ:日々の木工( 79 )
食器の塗料
食器として使う器の塗料は、これまでガラス質塗料をメインで使用してきましたが、思うところがあってオリオ2を試してみることにしました。
この塗料でお皿を仕上げて、毎日洗剤とスポンジでいじめてやります。
c0065363_00101681.jpg
低臭タイプとはいえ結構な有機溶剤の臭いがします(私の鼻の基準ではとても低臭とは思えません)。溶剤が揮発しているにもかかわらず臭いが無いほうが怖いので、臭いがするのは悪ではないのですが、溶剤の種類くらいは知っておきたい気がします。
SDSあるのかな?



[PR]
by turning_wood | 2018-09-01 23:27 | 日々の木工 | Comments(0)
旧工房の展示スペース化
標記件、亀の歩みで実施中。

内壁を一面だけ塗ってみました。内壁については、雨染み、日焼け、落書きなどで汚くなっていたので、最初から塗装することに決めてました。
色は悩んだ挙句、アイボリーホワイトを選択。

で、一面塗った感想ですが・・・・、正直よくわかりません。ちょっと違うなという気がしないでもないが、とりあえずこのまま四面塗ってみます(塗料もったいないし)。
c0065363_21211240.jpg



[PR]
by turning_wood | 2018-08-07 21:55 | 日々の木工 | Comments(0)
もう一つ
先日に続いてシフトノブをもう一つ。
もう一台MT車を所有しているので、こちら用のも作ってみました。
こちらはシフトノブでブーツを固定するようになっていたので、先日のS660用とは少し構造が異なります。
c0065363_10013888.jpg

今年の夏は就寝中もエアコンをつけているせいか、喉が痛く咳が出て鼻水も出る。
暑い(熱い?)のに風邪気味です。






[PR]
by turning_wood | 2018-08-02 10:24 | 日々の木工 | Comments(0)
卵?
c0065363_22371805.jpg
パッと見で卵に見えますが卵ではありません。


c0065363_22372685.jpg
S660用のシフトノブです。
小さなパーツですが、これ一つで車内の雰囲気が変わります。

それにしても暑い日が続きますね。
先日、S660の自動ブレーキのシステムが高温でエラーになりました。エアコンつけて暫く走って車内の温度を下げたら正常に戻りましたが、長年車乗ってますが暑さで車載部品がエラーになったの初めての経験です。
ウッドターニングも暑い時は集中が続かないので、細かい物を作るよりも大雑把で簡単な物を作るのが適しています。




[PR]
by turning_wood | 2018-07-27 23:15 | 日々の木工 | Comments(0)
グラインダー
今年の春先に導入していたシャープニングシステムです。
c0065363_23390021.jpg
グラインダー(8インチ)はスタンドとセットで米国アマゾンから購入しました。送料など全部込みで26K円位だったと思います。グラインダーは従来から使っているバルドーに比べたら玩具みたいな作りですが、まあそれなりになんとか動いてます。それよりもセットで買ったスタンドがとても重宝しています。キャスターは付属していないので、ホームセンターで買ってきて取り付けましたが、簡単に移動できるのはとても良い。グラインダーのスタンド、日本でも売ればいいのにね。

装着している砥石ですが、初めてCBNホイールを導入してみました。
クラフトサプライから80グリット、320グリット、大阪のナカジマさんとこから180グリットの計3種を入手し使い分けてます。
80グリットは刃物の形を変えるときに使いたいと思っているのですが、まだ機会がなく未使用です。グラインダーには常時180グリットと320グリットを装着していますが、ほとんど差は感じられず、通常は180グリットだけで十分かなという印象です。

CBNホイールを使ってみた感想ですが、一般砥石に比べて研削が速いこと、研削時の発熱がほとんどないこと、砥粒粉が飛散しないこと、の3点にメリットを感じればCBNホイールを導入するメリットはあるかと思います。ツールの切れ味については両者に優劣は感じられないので、この点では一般砥石で十分だと思います。




[PR]
by turning_wood | 2018-06-21 00:29 | 日々の木工 | Comments(6)
正面挽き
今日はご飯茶椀を数個作った。
外側の切削はOneway1224の旋盤で行い、内側の切削は先日こしらえたVL300のアウトボード側を使って行った。
正面に立って内側を挽くと体勢が楽なのはもちろんだが、切削中の刃物の先端位置と外形の関係が掴みやすくなり、外形に沿って内側をくり抜くのがとてもやりやすくなった。

懸案だったスイッチ類の位置だが、しばらく使っていると慣れてしまいました。
c0065363_23463815.jpg

[PR]
by turning_wood | 2018-05-10 23:24 | 日々の木工 | Comments(2)
Outboard turning
Outboard turningの続き・・・

いきなりですが、木で延長ベッドを作ってみました。
雑な造りだけど、結構頑丈に出来上がりました。体重を掛けてもびくともしません。
c0065363_23215060.jpg
バンジョー(黒い部品)は、以前買って保管してあったものを利用。やっと役に立ちました。ミニ〜ミドルサイズの旋盤用のバンジョーなので、軽快に動かせます。
ベッドの長さは約25cm、高さは17cmくらいです。
旋盤がもう一台増えたような感覚です。

早速試し挽きしてみましたが、木製ベッドの強度不足を感じることなく、フェイスワークはもちろん、センターワークの中ぐりも非常に快適にできます。脇を閉めて刃物が扱えるのがとても良い。正面から挽くのって予想以上に快適ですね。

さて、借りてきたツールポストは、しばらく我が工房で預かることになっていますが、これはこれで邪魔なわけでなく、別の用途で役立ってくれそうです。
c0065363_23221928.jpg
集塵フードのポスト。

一つ難点は、制御ボタン類が押しにくくなること。
私のVL300は廉価版なのでスイッチ類がリモコン式でなくスタンドに直接装着されています。アウト側の立ち位置からだと少し扱い難い配置になってしまいます。
リモコン式に改造したいけど、私の電気スキルでは到底無理。下手に配線して壊してしまうのが関の山でございます。




[PR]
by turning_wood | 2018-04-24 23:30 | 日々の木工 | Comments(0)
Outboard turning
以前、小さな器や高さがある器の内側を挽くとき、挽く面の正面に立って挽きたいと書いたことがありましたが、VL300の主軸のアウト側を使えばそれができるため検討してみました。
方法は2つ。オプションの外付けのツールポストを用意するか、50cmの延長ベッドを取り付けるかのどちらかですが、延長ベッドは少し長すぎるので、ツールポストを取り付けるのが第一選択肢となります。
c0065363_00244868.jpg
そのツールポストですが、写真で見る限り、関節が多く、しかも重そうなので、小さな器に使うにはどことなく使いにくそうに見えます。大物を挽くための道具なので当たり前といえば当たり前なんだけど・・・。

使い勝手の解らない物に7万円も勿体無いので、とりあえず同じVL300を所有している知人に借りて試してみました。
c0065363_22483704.jpg
自分の旋盤に取り付けて少し使ってみましたが、予想通り小さなものを挽くのには適さない。ちょっとツールレストを動かすのに、こことあそことあっちを動かさないといけないのが煩わしい。
ボツです。

次の選択肢は、延長ベッド。こちらは10万円するし、50cmは少し長すぎる気がする。

続く・・・・



[PR]
by turning_wood | 2018-04-23 23:06 | 日々の木工 | Comments(0)
VL300でのホローイング
Oneway1224で使っていたホローイングシステム(これもOnewayのものですが)をVL300で使えるようにしました。
VL300はベッドが短く単純に嵩上げするだけでは使えなかったので、ベッドを延長して嵩上げする構造になりました。行き当たりばったりで作りましたが、そこそこしっかりしたものが出来上がりました。
このホローイングシステムは1224にとって少々大袈裟な代物でしたが、VL300に装着してみるととてもバランスよく納まっているように見えます。
c0065363_00072295.jpg

[PR]
by turning_wood | 2018-03-14 23:56 | 日々の木工 | Comments(0)
材木入手
花梨の瘤材が運ばれてきました。
正確に枚数を数えていませんが12枚くらいあります。
倉庫を畳むので全部引き取って欲しいということだったのでこんな枚数になりました。

結構なボリュームですが、なんとか倉庫に押し込みたいと思います。

c0065363_22111468.jpg

[PR]
by turning_wood | 2018-03-03 23:34 | 日々の木工 | Comments(3)